中編】ゲイもレズビアンも“いない”?

身近にゲイやレズビアンの知り合いのいる岩井志麻子さん。セクシュアルマイノリティへの偏見はないものの、友達付き合いをするうえで、どうしても面食らうこともあるのだとか。岩井さんの悩みに、レズビアンである牧村朝子さんはどう答えるのでしょうか。作家の岩井志麻子さんと、『百合のリアル』(星海社新書)を刊行したレズビアンタレントの牧村朝子さんが、性愛のリアルを語る特別対談中編です。(構成・小池未樹)

Amazonで“星一つ”をつけられたい

— 今回、『百合のリアル』を出版されて、ポジティブなものとネガティブなもの、どちらが反響が多かったでしょうか。

牧村朝子(以下、牧村) 今のところ、ポジティブな感想が圧倒的に多いですね。書名に「レズビアン」という言葉を使わなかったことで、そういう話題に食ってかかりたい人のところに本が届かなかったのかもしれません。具体的には、シンプルに「おもしろい」「新しいことを知ることができた」というご感想から、「貸してくれた人と自分とで、深い対話のきっかけになった」というようなうれしいご報告までいただいています。

— 偏見を持つ人のところにも届けたいと思っていらっしゃいましたか?

牧村 この本に関して言えば、そうではありませんでしたね。今回の本は、セクシュアリティに限らず、本の中に出てくる“はるかちゃん”(※)のように、自分の性や愛のあり方について人に言えずに悩んでいる人に向けて書いたので。かつて私自身がはるかちゃんと同じ高校生だった時、私は「レズビアン」とか「性」とかいう言葉がタイトルに入った本を手に取れなかったんですね。人目も気になるし、何かいけない扉を開けてしまうような気がして。

※『百合のリアル』の登場人物。16歳の女子高生。女の子を好きな自分に気がついているが、それを受け入れがたい気持ちに悩んでいる。

岩井志麻子(以下、岩井) たしかに、そういうためらいがあるかもしれないですね。

牧村 けれどもその時の自分に、知識、対話、そして誰かの経験談があれば、独りで悩まずに済んだと思うんです。だから、あの時欲しかったものを、タイトルに「レズビアン」とは入れずに、やわらかい言葉で一冊の本にまとめたのが『百合のリアル』です。
 もちろん、著者としては売れてほしいですし、何よりもっと、こうした話題についての議論が起こってほしいなとは思っています。担当編集者の今井さんとも、「Amazonのレビューで星一つの評価をつけられるくらいにならないとね』って話しています。

岩井 じゃあ、私が書きましょうかね。これはヒドイ!って(笑)。

牧村 あははは。

レズビアンは爪を伸ばさない?

岩井 そういえば私、ホモセクシュアルっていうのは美少年と美少年によるものなんだ、っていう思い込みがあったんですよ。

牧村 あら、そうなんですか。

岩井 私が子どものころって、今で言うボーイズラブのはしりの作品が出てきた時代だったから、その影響を受けていて。萩尾望都さんとか、竹宮惠子さんとか。

牧村 ええ、漫画の神々ですね。

岩井 あの人たちが描くのは美少年ばかりでしょ。でも二丁目に行ってみたら、デブあり、オヤジありで最初驚きましたよね。ボーズ、ヒゲ、マッチョだらけ、みたいな。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
世界は「ふつう」じゃない―岩井志麻子×牧村朝子対談

牧村朝子 /岩井志麻子

レズビアンであることを公言し、フランスで同性婚も果たしたタレントの牧村朝子さん。彼女が昨年刊行した『百合のリアル』(星海社新書)は、人間の多様な性のあり方についての基礎知識を優しく親身に説明し、好評を得ています。そんな牧村さんのcak...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

megurimawaru |世界は「ふつう」じゃない―岩井志麻子×牧村朝子対談|岩井志麻子/牧村朝子 @makimuuuuuu |cakes(ケイクス) 自己認識と自覚で言葉を選ぶ。自己も他者も無理に言葉に押し込めない https://t.co/HsAsvb1dBH 4年以上前 replyretweetfavorite