第1回】はじめましてのごあいさつ

フランスはブルゴーニュのジュブレ・シャンベルタン村でワイナリー(ルー・デュモン)を経営する日本人醸造家・仲田晃司さんはじめての連載。仲田さんのワインのラベルには「天・地・人」という文字がきざまれています。2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受け、「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天・地・人」が生まれました。人気マンガ『神の雫』にも登場し話題となった仲田さんの日常やワインづくりを写真とともに紹介!

わたしのカーヴ、ルー・デュモンの正門からわたしのカーヴ、ルー・デュモンの正門から

はじめまして。仲田晃司と申します。
フランスはブルゴーニュ地方でワインづくりをしています。
これから、日々の出来事、海外での生活、フランスでの起業、ワインづくりなどを通じて、少しでもワインに、ブルゴーニュに興味をもっていただけたらと思います。

私は家内と一緒に、2000年7月7日にワイン会社を設立しました。
会社といっても4畳半のオフィスを借り、古道具屋で買ってきた机をひとつ置いただけの簡単なものでした。
私の親が事業に失敗して家族もバラバラになったことがあり、そのせいか、私自身が会社の設立をするなどとは夢にも思いませんでした。

正門にとりつけた表札正門にとりつけた表札

会社名はルー・デュモン(LOU DUMONT)といいます。会社設立時に手伝っていただいた友人の娘の名前をいただき「ルー」と名づけました。
また、私の出身地は岡山県の高梁市というところで、その街の象徴でもある備中松山城のあるお城山をイメージして「山」という意味の「デュモン」を使用し、これが私たちの会社名になりました。

私たちは、ワインをフランスで販売すること、そして海外で販売することも視野に入れていたため、日本名である「仲田晃司」という名前の会社では、各市場で問題が出てくるのではと考え、フランス語の名前をつけました。

ルモンタージュという方法で、タンクの下部から液体の醪を抜いてポンプで上から散布する作業ですルモンタージュという方法で、タンクの下部から液体の醪を抜いてポンプで上から散布する作業です

仕事は、ワインをつくり販売すること。
「LOU DEUMONT」は、私と家内、そしてフランス人の従業員2人の合計4人の会社です。
ぶどうまたはジュース、ワインを購入して、自分たちのカーヴ(蔵)で醸造します。そこで熟成させた後、瓶詰めをしてラベル貼りをして、フランス国内や、現在は13か国で販売しています。

よく聞かれることのひとつに、ぶどう畑を所有されているのですか? というものがあります。
ワインの製造といえば、ぶどう畑でぶどうをつくり、しぼって樽に入れ、アルコール発酵させたあと、滓引きをして、数か月から数年間熟成させて瓶詰めするというのが一般的です。
ですが、私たちは、ぶどう畑をもっていませんので、先述したように、ぶどうかぶどうジュースを購入してから、ワインづくりをはじめます。

カーヴの中。樽の数は100くらいですカーヴの中。樽の数は100くらいです

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

ワイン通信・ブルゴーニュの村から

仲田晃司

フランスはブルゴーニュのジュブレ・シャンベルタン村でワイナリーを経営する日本人醸造家・仲田晃司さんはじめての連載。仲田さんのワインのラベルには「天・地・人」という文字がきざまれています。2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード