第4回 序幕【翠川初音】水辺の公園

初音たちが元の世界「市国α」の記憶を持っているために、市国βも少しずつ歪んできているのかもしれない――という漣。「僕らは、他人とは、見えている角度がちょっぴり違うだけだ」。この言葉に凜や初音は何を思う?

★『こちら、幸福安心委員会です。女王様とハピネス・サマー・ゲーム』発売を記念して、前作にあたる『こちら幸福安心委員会です。女王様と永遠に幸せな死刑囚』の一部を公開します。

♪こちら、幸福安心委員会です。♪


「わかったような、わからないような。漣って、いつもそんなだよね。でも気にしてもしかたない、ってのはわかるけど。結局、自分ができることをやるしかないんだし」
「そういうこと。凛の言うとおり。普通にしていればいい。僕らは、今でも幸安委員インターで、女王陛下の権限でゴシックを使用することもできる。ゴシックが自ら思考する機械だ、というのは前にも話したな?」
「う、うん」私は、こっくりとうなずく。「中央電波塔に侵入したときに。ちゃんと覚えてる。じゃあ、ゴシックが今でも使えるってことは、私たちがサイレン女王様に逆らったことも、なかったことになってるの?」
「そう。まず間違いなく、あれは『向こう側』だけのことだ。そもそも僕が初音に撃たれて、いや、その後、向こうで僕がどうなったのかはわからないけど、今はここでこうして無事にいる。初音、撃った責任は取れる?」
「えっ、え、責任って……だって、それって、どうやったら。私、じゃあ漣くんが言うこと、なんでも」
「冗談だ。つまり、電波塔最上部での決定的な出来事は、すべてこちらには持ち越してない、という事実を言っただけ」  

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
こちら、幸福安心委員会です。女王様と永遠に幸せな死刑囚

wogura /うたたP /鳥居羊

ニコニコ動画で200万再生突破の大人気ボーカロイド楽曲『こちら、幸福安心幸福委員会です。』ノベライズ第2弾! 幸福だけが満ちている完全で完璧な理想郷、みずべの公園市国――。「バロック」で「歪んだ」新しい世界線に辿りついた漣、初音、凛た...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tory_hitsuji 2巻の一部を公開中です('ω'@) 5年弱前 replyretweetfavorite