寿命1000年ってマジか?

世界の平均寿命はこの数十年でぐんぐん伸びていきました。超長寿社会はもう目前、人間の寿命は1000年になると主張する学者もいるほどです。そんなに長い生を生きることになったとき、僕らの生活はどのように変化しているのでしょうか。1000年保つ住居はあるのか? まさか一家に一軒ずつ法隆寺? そのほかにも、悩ましい問題がたくさんありそうです。

 僕たちは長寿社会を生きています。日本の平均寿命は現在、女性が86.41歳、男性が79.94歳で世界トップです。64年前の1950年には男性の平均寿命はわずか58歳だったのです。そう思うと本当に隔世の感があります。

 この60年の間に公衆衛生とかワクチンとか色々と発達したお陰で、寿命がドンドン伸びていったのです。特に効果が大きかったのは抗生物質です。抗生物質が発見される1942年以前、人々は、今ではちょっと想像もつかないほど簡単に死んでしまったのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sokonokete @Kanohouju この記事のせいなのだ。 → 5年弱前 replyretweetfavorite

_danwaneji 数百年前に受けた教育内容で物事判断する。そんな人がいちばん権威と資産を持ってそう、って空恐ろしい。生涯学習大事ですね。> 5年弱前 replyretweetfavorite

ko_kishi 「精神と時の部屋」いらずでスーパーサイヤ人になれそうwww 5年弱前 replyretweetfavorite