第2章 炎上するのは悪いことですか? Vol.1 「どうでもいいこと」をスルーできない社会

空気なんて読まなくていい。人に嫌われてもいい。友だちなんていらない。そんな「覚悟」が人生を変えてくれる――容姿や能力に自信が持てず、他人の目ばかりを気にしていたぼくが、なぜ「今」勇気を持てているのか? 何者でもないのに、何者をも恐れなくなったプロブロガーの仕事術を公開する本『なぜ僕は「炎上」を恐れないのか』が2月18日発売決定! 臆病だったぼくにもできた。だから、あなたに「今」その勇気がないのは、絶対にあなたのせいじゃないんだ ――。全原稿を月・木の週2回で連載。

▼初回~前回までの記事を読む

炎上した岩手県議

 2013年6月5日13時。岩手県議の小泉光男氏が「俺は刑務所に来たんじゃないぞ。中央病院の責任者!」という記事を自身のブログにアップしました。
 記事のなかでは、

6月上旬、3日ほど県立中央病院に通い続けていますが、当職と、ひと悶着がありました。
〝241番〟、〝241番の方〟、〝お名前でお呼びします。241番の小泉光男さん。〟
→ ん!僕を呼んでいるの?と気付いた瞬間、頭に血が上りました。
ここは刑務所か!。名前で呼べよ。なんだ241番とは!と受付嬢に食って掛かりました。
会計をすっぽかして帰ったものの、まだ腹の虫が収まりません。

 という主旨の主張が展開されました。政治家という立場もあり、この記事は大炎上。翌日にはネット上の掲示板2ちゃんねる(以下、2ちゃん)に、

【頭おかしい!!】岩手県議の小泉みつお議員 病院で番号で呼ばれ激怒「俺は客だぞふざけるな」と恫喝

 といったスレッド(*1)が乱立。事態を察知した県議は6月7日にブログで謝罪文を公開します。しかし、火の手はおさまることはありませんでした。「謝罪した」ということそれ自体がさらにニュースになり、県議に対する批判は一層高まります。6月9日、県議は原因となったブログを閉鎖し、騒動は終わるかのように見えました。
 ところが、なんと6月11日にこの騒動がフジテレビの「とくダネ!」で取り上げられ、騒動は全国に報じられることとなりました。これによって批判はさらに高まり、県議は6月17日に、改めて謝罪のための記者会見を開き、事態についての釈明に追いこまれます。
 「記者会見で謝罪した」という報道がネットにアップされるや否や、相変わらずネットでは「死ね」「消えろ」「クズ」「頭おかしいwww」といった罵詈雑言が書きこまれました。
 記者会見によって騒動は一旦鎮まるも、6月25日、事態は急転します。早朝、岩手県一戸町のダム付近の車の中で、自殺したと見られる県議が発見されたのです。県議の死と「ブログ炎上」の因果関係は明らかにされていませんが、時期から考えると、何らかの因果関係があった可能性は否定できません。
 たしかに県議の態度と発言に落ち度はあります。「会計をすっぽかして帰った」というのも問題でしょう。しかし、これは、ネット上で膨大な数の人々に「死ねばいいのに」といわれ、マスメディアを通して全国に晒(さら)される大事件として扱われるほどの問題でしょうか。ましてや、自殺するほど追いこまれるような問題でしょうか。

 叩いた人の中には、暴言を吐かれた病院の職員の方の気持ちを慮(おもんぱか)って、「こんな暴言を吐く人間は許せない!」「こんなことがまかり通ってはいけないので、こんな人間は叩いておかなければいけない!」という正義を背負った方々もいるのでしょう。また、「受付嬢」といわれ、同時に暴言まで吐かれた医療事務の方の心情を想像して、「権力を笠に着て、好き勝手する政治家は許せない!」と考えた人もいるでしょう。
 しかし、だからといって、ブログを一方的に炎上させるというのはおかしな態度です。こうした正義は一見美しく見えますが、実は「私刑」そのものです。
 「法律では許されているけれど、私たちは許さない」という論理で、復讐を容認していいのでしょうか。
 そうしたアクションを正当な抗議として認めてしまえば、「気に食わない政治家が出てきたら、ネットを使って匿名の誹謗中傷を一斉に投稿して、精神的ダメージを与え、自ら辞職に追いこめばいい」という話になってしまいます。  本質的にそれは「気に入らないヤツは鉄砲玉で殺せばいい」と考える任侠映画の論理と同じです。少なくとも政治家の場合は、市民が選挙を通して選んだわけですから、公的に認められたやり方で抗議するのが筋というものでしょう。

 この件についてぼくが指摘したいのは、「ぼくらは、県議の所業によって何か明確な損害を受けたのか?」という点です。事件の小ささから見るに、暴言を投稿した人、報道に関わった人も含めて、そのほとんどは当該事件に「無関係」の人だったと考えるのが自然です。人の命が関わっているわけでもなし、無関係の人々が勝手な義憤を感じ、「死ね」「消えろ」などと、人が自殺するまで罵詈雑言を送りつけるのは、やりすぎではないでしょうか。マスコミが、こういった「炎上」の問題をことさら無自覚に取り上げるのは、それこそワイドショー的視点に立った視聴率獲得のためにすぎないでしょう。長期的・根本的な哲学や考えなどなく、「これ報道すればウケるんじゃね?」という、単に短期的な数字を追っているだけの二流報道なのです。

(*1)スレッド……2ちゃんねるなどのネット上の掲示板における、ひとつの議論や話題についての発言や書き込みの集まりのこと。

バカな若者が冷蔵庫に入る?

 県議の事件を例に見てもわかるとおり、ぼくらは他人に対してわずかでも「落ち度」を見つけると、容赦なく攻撃を加えることがあります。それが自分に関係がない人であればあるほど、人は残酷に「落ち度」のある人を断罪するでしょう。
 ぼくがまず気持ち悪く感じるのは、誰かの「落ち度」に対する、人々の寛容度の低さです。
 県議の事例を見ても、彼は単に個人情報保護についての知識が足りなく、それが原因で過ちを犯してしまっただけです。どうしてこの程度のことを「万死に値する」かのごとく騒ぎ立てるのでしょう。なぜ、「マジでどうでもいい話だよな……」と、騒動を相対化することができないのでしょう。
 「どうでもいい話」といえば、2013年夏、頻繁に発生した「バイト先の冷蔵庫に入って、その写真をウェブ上にアップした若者たちが、ネット上で大きく叩かれる(炎上する)」という現象にも同様の感想を抱きます。
 知らない方のために解説しておくと、この夏、ツイッターやフェイスブックで若者たちが自ら次のような「愚行」を晒す、といった現象が多数起こりました。いくつかピックアップすると、

・ローソン・高知鴨部店にて、従業員がアイスクリームの冷蔵ケースに入り、その写真を友人がフェイスブックに投稿して炎上。ローソンは謝罪し、当該店舗を閉店(7月)

・ピザハット・高井戸店の従業員が、ピザ生地を顔に貼りつけている写真を自らのツイッターに投稿して炎上。ピザハットは謝罪(8月)

・餃子の王将・新潟近江店の従業員が冷蔵庫に入り、その写真をフェイスブックに投稿して炎上。餃子の王将は謝罪し、店舗を臨時休業に(9月)

 といった騒動が、2013年7月から9月にかけて、確認できるだけでも13件報じられています。
 さて、これらの炎上についても、ぼくは「本当にどうでもいい」と感じます。いい大人たちが、何をこんなくだらないことに対して本気で怒っているのか、と。昔から若者はバカで、ぼくもやっぱりバカでした。未成年のうちに飲酒をしたことがありますし、深夜の学校に友だちと忍びこんでダベっていたこともあります。なぜそのような愚行をしていたのか今となってはよく理解できませんが、なんのことはない、当時のぼくは「バカ」だったのです。あなたも少なからず、似たような「バカ」をやってきたでしょう。
 ツイッターやフェイスブックによって、昔からあったバカな行為が可視化されただけで、何も世の中は変わっていません。自分が学生だった頃にツイッターがあったら、多分炎上していたと思う人も多いのではないでしょうか?

バカを見つけて騒ぐバカ

 冷蔵庫に入ることがバカな行為であるなら、それを自慢げに投稿してしまうのも、同様のバカな行為です。そりゃあ苦言を呈したくもなるかもしれません。しかし、人間というのは誰もがバカな側面を持っています。ぼくらはもっと他人の落ち度について、寛容になるべきではないでしょうか。日本社会が息苦しいのは、ぼくらが他人の落ち度を問題にしすぎるからです。

 「バカなことをする人」は確かに悪いかもしれませんが、そんな若者を消滅させることはできません(大人ですら、バカはたくさんいるんですから)。今までもこれからも、若者はバカです。「最近の若者はバカだ!」と、彼らを叩いて騒いで終わるのは、「当たり前のこと」で騒ぎ、たまたま見つけたバカを叩くことでストレスを解消している、実に不毛な態度です。
 今回起こった事件の「当事者ではない」ぼくらが考えなくてはいけないのは、バカな若者(と大人)が存在することを「前提」にして社会を組み立てるということです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
なぜ僕は「炎上」を恐れないのか—年500万円稼ぐプロ・ブロガーの仕事術

イケダハヤト

空気なんて読まなくていい。人に嫌われてもいい。友だちなんていらない。そんな「覚悟」が人生を変えてくれる――容姿や能力に自信が持てず、他人の目ばかりを気にしていたぼくが、なぜ「今」勇気を持てているのか? 何者でもないのに、何者をも恐れな...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tyoro4444kk2 他人をバカにして、 比較対象をつくり、 おれはこいつよりバカじゃないよー。 って、 他人の粗探しばかり繰り返される社会、 そろそろ変えようよ。 https://t.co/WDjq3Fia6m 4年以上前 replyretweetfavorite

chrhsmt 対話すべき彼らに「バカ」を連発するのもどうかと.. 4年以上前 replyretweetfavorite

_Assume_ #却下 イケハヤ師の主張ってのは愚かな振る舞いのハードルを下げていく試みであって、過去から積み上がってきた強みを放棄というか毀損しようという方向性で、端的にはお前がくたばれとしか言いようが無い 5年弱前 replyretweetfavorite