ふと予定があいた一人の夜の寿司とバー

Sumally代表・山本憲資さんがそれぞれのシチュエーションにぴったりのレストランを紹介する連載の第3回。名店で修行した、いわば「寿司エリート」のご主人が、1月末にオープンしたばかりのお寿司屋をご紹介します。極上のヒラメに、脂ののったのどぐろ、名店・すきやばし次郎直伝のふんわりとしたシャリに乗ったまぐろ。文字通り垂涎の新店紹介です!

注目の新店、すきやばし次郎出身のご主人が握る寿司の味

今週、たまたま急に予定があいた日が1日。珍しく風邪を引いて病み上がりだったこともあり騒ぐ気分でもなく、ひとりで食事に行くことに決めた。孤独のグルメごっこというわけではないが、自分だけだとあまり飲み過ぎることなく会話に夢中になりすぎることもなく、じっくりと味わうことができる。こういうときこそ気になっていた店を攻めるのだ。青山・骨董通りに時々ふらり行くバーがあるのだが、そのお店の上に新しい寿司屋ができていて、店名は「ます田」。気になって調べてみるとご主人はご存知すきやばし次郎で10年近く修行をされた方のよう。まだ1月末にオープンしたばかりということもあってか、当日のお昼の電話で予約がとれた。新しいお店に行くのには、店と客、それぞれの初々しさの対峙に独特のわくわく感がある。

エレベーターが開くと、まず目にはいってくるのはガラスのパーテーション。6席のこじんまりとした真新しい白木のカウンター。奥には個室とドリンクカウンターまであって、モダンすぎない雰囲気が漂うこの空間は「銀座」である。カウンターは男ばかり、後ろ姿だけで知り合い関係&寿司マニアだとすぐわかるこのかんじ、リラックスできるかはともかく嫌いではない。席につき、ご主人が緊張しながら握っているなぁと思って見ていたのだが、聞けば次郎の六本木ヒルズ店をやっている(小野)二郎さんの次男が様子見にいらっしゃっていたらしい。そうこうしているうちにまずはツマミから。ちびりちびりと日本酒を飲みながら、ヒラメの刺身、極上。のどぐろ、脂がのっていて美味。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィットする晩餐

山本憲資

世界中の人の「欲しい」と「持っている」で繋がるウェブサービス「Sumally」の代表である、山本憲資(やまもとけんすけ)さんの連載がスタートしま す! 32歳という若さにして、膨大な数のレストランに通い、「食」にただならぬ情熱を注ぐ山...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

faliaorg 青山「鮨ます田」 http://t.co/YzQ76Z2N1M 小倉「天寿し」〜銀座「すきやばし次郎」で修業したご主人、とのこと。 フィットする晩餐|山本憲資|cakes より。 https://t.co/9ZV8TCbEb1 1/30(木)オープン。 4年以上前 replyretweetfavorite

kensukey Cakesのレストラン連載がアップされております。青山にオープンしたばかりの、すきやばし次郎出身の若いご主人のお店に行ってきました。 |フィットする晩餐 https://t.co/z2DFq7AbLB 4年以上前 replyretweetfavorite

konpyu 寿司にエアリーという表現にグッときますね 4年以上前 replyretweetfavorite

yaiask すし偏差値のエリート街道……! エアリーなシャリ!! 道民だけど東京のおすし好きだ 4年以上前 replyretweetfavorite