第10回】“万能マシン”が駆逐する単機能デバイスの命運

「iPhoneで何でもできるという雰囲気になっている。その空気が一番怖い」。ある精密機器メーカーの中堅社員は、こう漏らす。iPhoneやiPadの登場で、機能が一つしかない製品の市場が食い荒らされている。その最たる例が、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)だろう。

われわれならユーザー体験のすべてに責任が負える—スティーブ・ジョブズ

 早朝、アラームの音で目覚める。鳴っているのはiPhoneだ。気付けば何年も目覚まし時計を使っていない。iPhoneが1台あれば十分なのだ。

 天気を調べ、一日のスケジュールをチェックする。通勤中はお気に入りの音楽を聴きながらニュースを斜め読み。午前の会議では簡易ボイスレコーダーにも早変わりだ。午後は初めての取引先にあいさつ。地図で場所を調べ、お土産用のケーキ屋も調べておこう。道に迷ってもナビになる。途中、面白い看板を見かけたのでパチリ。帰りの電車はゲームで息抜きだ。帰ってベッドに寝転がり、動画を楽しみながら眠りに就く──。

 「iPhoneで何でもできるという雰囲気になっている。その空気が一番怖い」

 ある精密機器メーカーの中堅社員は、こう漏らす。

Illustration by T.S.

 iPhoneやiPadの登場で、機能が一つしかない製品の市場が食い荒らされている。その最たる例が、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)だろう。

 常に持ち歩くiPhoneなどのスマートフォンは日常の撮影風景を一変させた。食事などの何げない風景を手軽に撮って、すぐにインターネットにアップできる。メモ代わりに写真を撮る、この使い道は、コンデジが狙ってきたマーケットだった。コンデジ市場は2008年の出荷額1兆6386億円、出荷台数1億1007万台(カメラ映像機器工業会調べ)をピークに、減少の一途をたどる。

 「コンデジのローエンドモデルはいずれスマホに食われる。製品のラインアップをそろえるためにローエンドモデルを出してはいるが、続ける意味があるのだろうか」とあるカメラメーカー幹部はぼやく。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
日本を呑み込むアップルの正体【3】~アップルが変えた市場のルール

週刊ダイヤモンド

アップルとその製品は、さまざまな分野でこれまでのルールを変えた。アプリのようにiPhoneのおかげで生まれた市場もあれば、音楽CDのように大打撃を受けた市場もある。※この連載は、2012年10月6日号に掲載された特集を再編集したもので...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード