パート6. そして2vs12 笹浦耕[16:35]枯野透[16:38]オサリバン・愛[16:39]

パトカーのサイレン。水の中からでも、わりとよく聞こえんだよな。あの音。硬くて重い靴がドタドタって駆けてくるのが聞こえてたよ――高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。頭脳派、お人好し、リーダー気取り、犯罪者まで入り乱れて彼と彼を導く殺人鬼(?)〈17〉に迫ります! 15人24時間の大晦日から始まる群像サスペンス長編! 読みはじめたら止まれない、ライトノベル史上〈もっとも長い一日〉をご堪能ください。(イラスト:箸井地図)

笹浦耕[16:35]

 そうそう、パトカーのサイレン。
 水の中からでも、わりとよく聞こえんだよな。あの音。あと、橋の振動とかも。硬くて重い靴がドタドタって駆けてくるのが聞こえてたよ。
 なんかすげー真面目な靴音だった。
 まっすぐで、緊張してて、でも必要以上に入れ込んでない、こいつは普段どおりの仕事ですからねって感じの音。おかしな話だけどさ。それだけはすぐに理解できた。

 それは、大人たちの音だった。


枯野透[16:38]

 気がつくと僕らは駅むこうのアーケード街を迷走していた。僕と、そしてアキホさんだけ。他の仲間は? 徳永は?
「……どっち!?」
「わ、わかんないですうっ!」
 アキホさんは泣き顔。僕はパニック。『半額セール!』の垂れ幕と門松の間から、買い物客の皆さんが、顔面蒼白な僕らを不審げに見つめてる。そりゃそうだろうな。さて、徳永は? どこにもいない。他の仲間たちとも、はぐれてしまった。というより、ここがどこかさえ分からない! どこもかしこもバーゲン、セール、宅配しますの張り紙ばかり。僕は天井を見上げる。左右に並ぶA HAPPY NEW YEARの旗の彼方に……文字だ。
 サンモール。
 サンモールって吉祥寺のどこ? 僕は最後の命綱にすがる。ササウラの番号に。このドタバタ劇に主役がいるとしたら、彼こそがそれだ。発信履歴。再発信。頼む、ササウラ!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
15×24(イチゴーニイヨン)link two 大人はわかっちゃくれない

新城カズマ

高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。彼を救うべく懸命に彼を探す捜索隊、否応なしに巻き込まれる者、別の思惑を抱くもの、そして殺人鬼まで……!? 15人24時間の大晦日の長編群像サスペンス、こっからが本番です! 読み...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません