パート6. そして2vs12 笹浦耕[16:00]

どんだけ頑張ったとしても本当にどうにもならねー事ってのが、世の中にはある。少なくとも一つはある――高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。頭脳派、お人好し、リーダー気取り、犯罪者まで入り乱れて彼と彼を導く殺人鬼(?)〈17〉に迫ります! 15人24時間の大晦日から始まる群像サスペンス長編! 読みはじめたら止まれない、ライトノベル史上〈もっとも長い一日〉をご堪能ください。(イラスト:箸井地図)

笹浦耕[16:00]

 ──電車乗り換えたり、伊隅とメールしたり、しのぶさんの無事を確認したりしながら、オレは状況を検討してみた。で、いくつか分かったこと、つーか腑に落ちたことがある。

 その一。徳永とファブリのあいだには連絡コンタクトがある。
 でなきゃ、部室の掃除の件をファブリが知ってるはずがない。〈トウコ〉さんの証言(をカラノ経由でオレが聞いたところ)と在所ざいしょたちの話を総合すると、ファブリの野郎は午後二時前に彼女のケータイを奪ってることになる。〈トウコ〉さんが脱出したのが三時ちょうど。そのあいだにファブリは今朝からのメールの山を読んでる。で、オレんとこにあの野郎から例の命令電話があったのが、三時十七分。
 たったの十七分。
 その間に、あの野郎は徳永とコンタクトをとり、部室の件を聞き出したことになる。
 どうやってだ?
 ファミレスで出くわしたって可能性も、なくはない。
 他にも、たとえばファブリが中坊時代の徳永の塾の非常勤講師でしたとか、生き別れの兄でしたとか、レチクル星からやって来た超能力者として大銀河邪悪帝国の侵略をふせぐためにクローン戦士の徳永をリクルートしに来ましたとかでも、オレには否定しきれない。だって「可能性」なんだもん。どんなことだってゼロじゃない。

 その二。どのみちオレには(あるいはカラノ・トオルにも)、現状のままで〈捜索隊〉メンバーを完全に守りきることなんかできない。
 ファブリの野郎は〈トウコ〉さんのケータイを持ってる。つまり、オレたちのメアドはもう知られてる。うち何人か、たとえば〈トウコ〉さんと直の知り合いの西なんかは、電話番号もだ。てことは住所もそのうちバレるだろう。オレたちは、どうあがいても、「軽くケア」される危険性が高い。
 イコール目玉一個。
 命は取られないにしても、ド阿呆の自殺を止める代償にしちゃ高すぎるっつーの。まじで。
 でもそれが、今のオレたちの正直な状況なんだ。ドロドロした底に手を突っ込んで、箱の蓋を開けちまった報いなんだ。電話とメールの結果なんだ。
 オレたちはメールで、電話で、つながってる。良いことも悪いことも、ぜんぶ電波を通じて流れ込む。
 電話ってのは、まじでとんでもねー機械だ。
 つーか電話でもって伝わっちゃう、この「言葉」ってもんは。
 なんていうんだろ。ほんと。悪性のウイルスみたいなもんだ。言葉のウイルス。うん、そんなとこだ。聞かされたら、逃げることもできない。知っちまったら、引き返せなくなる。
 オレは──オレらは、それをよく分ってなかった。遺書メールとかいって、人の生き死にのことなのに、どっかで軽く考えてた。イヤんなったらやめればいいや、どうせいずれは見つかるさ、くらいの気持ちがどっかにあった。
 人助け。〈捜索隊〉。参加します。
 自分の言葉がそのへんで終わると思ってた。
 でもそうじゃない。言葉はどこまでもひろがっていく。でもって、ぜんぜん別の、もっと危ねー言葉と勝手にリンクしちゃうこともあり得るんだ。もう、参加とりやめはできない。おりる方法はない。オレらは分かってなかった。分かってるつもりだったけど、ほんとのところは違かった。
 けどファブリのくそ野郎は──あいつだけは──ちゃんと理解してやがったんだ。

 その三。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
15×24(イチゴーニイヨン)link two 大人はわかっちゃくれない

新城カズマ

高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。彼を救うべく懸命に彼を探す捜索隊、否応なしに巻き込まれる者、別の思惑を抱くもの、そして殺人鬼まで……!? 15人24時間の大晦日の長編群像サスペンス、こっからが本番です! 読み...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません