【第17回】
「ミシンを2台買ったら1割引き」で売上は上がるのか?
—「攻め」のための統計学

あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると。 どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだが、はたしてどれだけの人がその本当の面白さを知っているだろうか。この連載では、cakesという新しいプラットフォームに相応しい、最新かつ最も刺激的な統計学の世界を紹介したい。(毎週火・金更新)

バカな思いつきを試してみよう

 とんでもない過ちを避けるための「守り」のランダム化比較実験の意義がわかったら、今度は「攻め」の姿勢をとるにあたってもランダム化比較実験がどれほど大きな意義を持つかについても考えてみよう。

 ランダム化比較実験は過ちを犯す可能性を小さなコストとリスクでつぶすことができる。これを逆に言えば、小さなコストとリスクで「あえて間違いを犯すこともできる」ということになることがおわかり頂けるだろうか。

 あるいは「あえてバカな思いつきを試す」と言い換えてもいいかもしれない。たとえばあなたが主婦向けに裁縫や編み物などのホビーグッズを通販する会社に勤めていたとして、部下や後輩が「ミシンを2台買ったら1割引きっていうキャンペーンはどうですかね?」というアイディアを提案してきたらどうするだろうか?

 ミシンなんて普通一家に1台あれば事足りる物である。仮に裁縫を趣味にする女性が2名以上いる大家族だって、わざわざミシンを取り合うことはないだろう。まっとうな感覚を持った大人の多くは、「こいつは何をバカなことを言ってるのか」と一笑に付してしまうのではないだろうか。

 だが、これはわざわざ私が考えた「バカな思いつきのたとえ話」ではない。それどころかこの「バカな思いつき」は、実在するアメリカの企業において顧客1人あたりの売上高を3倍以上に増加させた、とんでもない大成功キャンペーンのもとになったのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
統計学が最強の学問である

西内啓

あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると。 どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだが、はたして...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード