道徳の時間

古市憲寿 vol.1 若者は不幸なんですか?

未来社会をサバイブする岡田斗司夫さんが、 ゲストとともに様々な事例を引用しながら、 現代の「道徳」について考えていきます。 今月のゲストは古市憲寿さん。『幸福の国の不幸な若者たち』といった著書などで若者のリアルについて発言してきた古市さんとの対話は、やはり若者の話から始まります。

岡田斗司夫(以下、岡田) さて、今回のゲストは、社会学者であり若手文化人でもある古市憲寿さんです。どうぞよろしくお願いします。

古市憲寿(以下、古市) よろしくお願いします。

岡田 じつは、古市さんの肩書きをどう紹介するかをさっき相談したんだよね。

古市 テレビだと、わかりやすい肩書きとして「社会学者」と言われることが多いんですけど、自分ではあんまりしっくりきていないんですよね。「アカデミック・コラムニスト」とかがいいのかなとも思ったり…。

岡田 だから「若手文化人」と紹介するのがいいだろうということになりました。あと、最近よく川越シェフに似ているって言われるんですよね?

古市 たまに言われますね。笑った顔と軽薄な感じが似てるって……あ、毒を吐いてしまった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
道徳の時間

岡田斗司夫

評価経済など新しい資本主義が加速しはじめた21世紀。 そんな新時代の「道徳」とは、一体どんなものでしょうか。 未来社会をサバイブする岡田斗司夫が、 ゲストとともに様々な事例を引用しながら、 現代の「道徳」について考えていきます。 (月...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード