いよいよ始まった「時計革命」

2014年は、「時計革命」元年です。市場にはずいぶん沢山のまったく新しい「腕時計型」のガジェットたちが現れてきました。この新しい流れはどちらに向かうのでしょう? そして日本のメーカーはそこにどう乗って来るのでしょうか?

 アメリカではいま、腕時計市場に異変が起きつつあります。

 これまで腕時計売り場と言えば、デパートの一角を占める、宝石やネックレスと同じ装飾品売り場と場所が決まっていました。そしてタグ・ホイヤーとかスウォッチといったブランド時計は大きなモールに入っているそれぞれの専門店です。日本のように大型電機店に大量の腕時計が売られている、ということはありませんでした。ところが去年のあるときから、大型電機店で時計を見かけるようになってきたのです。その皮切りはナイキ・フュールバンドなどといった、腕時計型のガジェットでした。

 2007年はiPhoneが登場により、電話が電話ではなくなりました。それから7年。2014年は、腕時計が腕時計でなくなる1年になります。日時を表示する機能は、おそらくサブ的な機能となります。この新しいガジェットのあるべきカタチは、「腕時計」というモノの存在を一旦完全に忘れて、腕に日常的に巻いてあるガジェットにどんな機能があったら便利だろう? と考えて行くと、段々と見えてくるのではないかと思います。

スポーツ・サポーター、ライフ・サポーターとしての時計
 今のところ市場は2つのまったく別のベクトルを向いています。ひとつはナイキ・フュールバンドのような、フィットネス商品としての位置づけです。この方向はすでに沢山の商品が市場に溢れています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sakiyogoro 自分はNike fuel band と、アナログ時計を重ねて着けてるのだが… 4年以上前 replyretweetfavorite

porpor35 時計もガラパゴス化するのか…。 / 他1コメント http://t.co/55YGbo4HnU 4年以上前 replyretweetfavorite

porpor35 時計もガラパゴス化するのか…。 / 他1コメント http://t.co/55YGbo4HnU 4年以上前 replyretweetfavorite

mtkw_t 日本は多分だめだろうな…> 4年以上前 replyretweetfavorite