第2回】税務署員が使う「税の抜け穴」がある

1月10日に角川oneテーマ21から、元国税調査官の大村大次郎氏による『税金の抜け穴』が発売されました。ベストセラーとなった『あらゆる領収書は経費で落とせる』で知られるようになった、いま話題の著者が、「あらゆる税金の正しい知識」を紹介します。
今回のcakesでは、「サラリーマンができる節税の方法」について、最新刊『税金の抜け穴』より抜粋して紹介します。

サラリーマンも「自分で節税」してみよう

 「サラリーマンの税金には抜け穴などない」  そう思っている人も多いのではないだろうか?  しかし、サラリーマンの税金にも抜け穴はある。自分で節税をする余地もあるのだ。
 サラリーマンの税金というのは、給料から所得控除というものを差し引いた残額に対して課せられるものである。  つまり数式としては以下のようになる。

【実際にもらっている給料】 ‐ 【所得控除】 =【 税金のかかる所得 】

 これを見ればわかるように、所得控除を増やせば、税金のかかる所得が減り、税金が安くなるのだ。  所得控除というのは、配偶者がいたり扶養している家族がいたりすれば、その分だけ税金を免除する、という制度である。この所得控除をうまく使えば、サラリーマンの税金にも抜け穴を見つけることができるのだ。

 そして、それを最大限利用しているのは、誰あろう税務署員なのである。

 税務署員というのは国家公務員であり、サラリーマンである。彼らは自分たちの持つ税法の知識をフルに利用して、税金を安くしている。一般のサラリーマンより、税務署員の税金はかなり低いはずである。
 そして税務署員がもっとも上手に使っている所得控除が「扶養控除」なのである。
 扶養控除というのは、家族などを扶養しているときに、一人あたり38万円の所得控除を受けられるというものだ。  扶養家族が一人増えると、平均的なサラリーマンでは所得税、住民税合わせて約8万円程度、税金が安くなる。所得控除の中で、もっとも節税効果が大きいのは扶養控除だといえる。

 この扶養控除、実は世間からは大きく誤解されている。

 扶養控除というと、一緒に暮らしている未成年の子供、親だけしか入れられないと思われているのだ。

 でも、実はそうではない。
 扶養控除というのは「生計を一にしている」6親等以内の血族もしくは3親等以内の姻族を扶養しているときに受けられるものだ。
 だから、おいの子供やめいの子供を扶養していれば、扶養控除に入れることができるのだ。

 そして「生計を一にしている」という言葉も、実は非常に曖昧だ。金額的にどの程度養っていればOK、という明確な線引きはない。
 たとえば、定年退職して年金暮らしの両親と一緒に暮らしているサラリーマンがいるとする。親に毎月5万円ほど入れているが、両親は基本、年金で暮らしている。  この場合、両親を扶養家族に入れることができるかというと答えは、「グレー」なのだ。

 はっきりOKとは言えないが、ダメだとも言えないのだ。

「同居」は「扶養控除」の絶対条件ではない!?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
税金の抜け穴 国民のほとんどが知らない納税で「得する話」「損する話」

大村大次郎

税金に“抜け穴”があるって本当? 元国税調査官が教える税金の「正しい知識」。消費税、固定資産税、自動車税、相続税……これほど得する話はない!? 身近な出来事・裏話から、税制のカラクリがわかります。

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません