会田誠展「もう俺には何も期待するな」—“アート”からはみだした天才

滝で遊ぶスクール水着の少女達、自らがビンラディンに扮した映像作品、脱糞しながら座り込む「考えない人」……。衝撃的な作品を次々に発表し、現代日本でもっとも強烈な個性を放つ芸術家のひとり・会田誠。そんな会田氏が、一昨年の大規模個展「天才でごめんなさい」に続き、満を持して送るのが、会田誠展「もう俺には何も期待するな」(東京・ミヅマアートギャラリー)です。注目したいのは、《土人@男木島》と題された作品。バラエティ番組のVTRのような映像でレポートされる“先住民”の正体とは……?

東京・市谷に、ミヅマアートギャラリーはあります。山口晃、天明屋尚、鴻池朋子……。ここに所属しているのは、日本らしさを感じさせる作風と圧倒的な技量、強烈な個性を持つアーティストばかり。なかでもその代表格が会田誠です。好んでエログロな絵を描き、平然と世のタブーに踏み込む姿には清々しささえ漂います。2012年に開かれた森美術館での大規模個展「天才でごめんなさい」では、“18禁”の展示室まで出現し、話題と反響をふりまきました。常識の枠内に収まっているようでは表現など為し得ない、そんなことを再確認させてくれるアーティストですね。

ミヅマアートギャラリーで、会田誠の新作個展がはじまりました。「もう俺には何も期待するな」との展名は、メインの出品作とはあまり関連がないかもしれません。本来は絵描きである会田ですが、今回は映像作品が主となっています。《土人@男木島》と題されたもので、昨年の夏に瀬戸内海の男木島で撮影した映像から成ります。

会田は監督、脚本、撮影、編集を手がけているのですが、これがおよそアート作品らしくありません。設定は、男木島を過疎化が進んだ架空の島に見立て、そこに先住民族が細々と暮らしているというもの。ストーリーは、テレビのクイズ番組レポーターが島を訪れて、先住民の生態を追いかけるかたちで進みます。

《土人@男木島》 2013 ビデオ(約50分)ⓒAIDA Makoto / Courtesy Mizuma Art Gallery

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません