第17回】死因第3位の肺炎を防ぐ ~口腔ケアの誤解と効果

日本人の「死因3大病」といえば、長らく、がん、心臓病、脳卒中だった。ところが、2011年以降は肺炎が第3位になっている。肺炎による死亡が増えた要因は、介護が必要な高齢者の増加に伴い、口内の細菌が食物や唾液と共に肺に流れ込むことで発症する誤嚥(ごえん)性肺炎が増えていることにある。

 日本人の「死因3大病」といえば、長らく、がん、心臓病、脳卒中だった。ところが、2011年以降は肺炎が第3位になっている。



 肺炎による死亡が増えた要因は、介護が必要な高齢者の増加に伴い、口内の細菌が食物や唾液と共に肺に流れ込むことで発症する誤嚥(ごえん)性肺炎が増えていることにある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
もうダマされない! 歯医者の裏側

週刊ダイヤモンド

歯医者数が10万人を突破した。明らかな供給過剰であるため患者争奪は激化している。技術も知識もないまま新しい治療法に手を出したり、過度なもうけ主義に走る者も存在する。だまされずに、いい歯医者と治療法へたどり着けるよう、歯医者と業界の見え...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません