フェル先生のさわやか人生相談

第65回】彼女が俺の知らない間に隣の部屋に越してきていた

週末の疲れを癒してくれる、優しくも手厳しい、フェル先生の人生相談。今回は「自分が知らない間に彼女が隣の部屋に越してきていた」という仰天の相談が舞い込みました。はたして彼は、そんなにも自分を好きでいてくれる彼女との愛をつらぬくべきなのでしょうか。それとも……? フェル先生の審判に注目です。

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。  お悩みのある方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

彼氏のいない私を心配する親友

Q1. 7年付き合っていた彼氏と別れて半年。自分は独身生活を心から楽しんでいるんですが、親友と会うたびに「○○、最近好きな人とかいないの?」「早く幸せになってね」なんて言葉をかけられて、ちょっとイライラしています。私はじゅうぶん楽しいんだけどな……そういう言葉をかけられることがストレスです。相手が善意なのはわかってるのですが、距離を置くしかないでしょうか。(28歳・女性・通信)

A1. いやー、多いですよねこういう人は。

こちらの迷惑も顧みず、ウザかろうが何だろうが「あなたのためを思って……」と、善意の衣を纏い、いかにも善人ヅラを下げて言ってくるのですから、貴女としても無下に扱うわけにはいかない。実に厄介です。

ここはひとつ、その親友さんの立場になって考えてみましょう。

親友さんを貴女の同級生と仮定して話を進めます。既に結婚もされ、ボチボチ子供を仕込む時期かも知れません。傍から見れば、絵に描いたように幸福な人生を歩んでおられるのでしょう。実際に“取りあえずは”幸福なのだと思います。

ですが、独身生活を満喫されている貴女を見るにつけ、言いようのない“やるせなさ”を味わっているのではありますまいか。

それは「もっと遊んでおけばよかった」というプライベートな事から、「自分はもっとやるべきことがあったのではないか」という仕事の面まで様々な理由によるものです。例え自分の結婚生活が順調に進んでいても、早めに結婚した女性が持つ、典型的な“嫉妬の感情”です(28歳で既婚であれば、我が国では最早”早め”と言えます)。

要するに貴女が心配である反面、貴女のことがうらやましくてしょうがないのです。

ですから、貴女がいくら今の生活を楽しみ、満ち足りた生活を送っているかをアピールしても無駄なことです。無駄どころか、嫉妬の炎に燃料を継ぎ足すことになりかねず、かえって逆効果です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

女優・橋本マナミさんとのスペシャル対談も収録で、ついに書籍化!

フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ
トランスワールドジャパン
2017-11-27

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gogoferdinand なんか最近質問の内容がマジで深刻だな... 4年以上前 replyretweetfavorite

gogoferdinand 彼女がストーカー化したら 4年以上前 replyretweetfavorite