第16回】歯を守れ~1本抜くと、連鎖的に失うきっかけに(後編)

歯周病が重症化してしまった場合、判断しなくてはいけないことが、大きく二つある。保険診療で治療するか、自由診療でいくか。そして、歯を抜くか否かである。

抜歯に基準なし
インプラント普及が
安易な抜歯に拍車を

 歯周病患者にとって岐路といえるのが、歯医者から抜歯を勧められた際に抜くべきか否かの選択だ。前回の本連載では、虫歯がなく、歯医者に通ったことがない人にとっても人ごとではない、歯周病が悪化した際の対応について考察した。今回は抜歯を検討する際の注意点はどこなのかを考えたい。

 実は、「歯周病による抜歯について明確な基準やガイドラインはない」と歯周病学の専門家である和泉雄一・東京医科歯科大学教授は明かす。抜歯のタイミングは「歯医者の経験などに基づいて判断される」のである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
もうダマされない! 歯医者の裏側

週刊ダイヤモンド

歯医者数が10万人を突破した。明らかな供給過剰であるため患者争奪は激化している。技術も知識もないまま新しい治療法に手を出したり、過度なもうけ主義に走る者も存在する。だまされずに、いい歯医者と治療法へたどり着けるよう、歯医者と業界の見え...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません