ハフポスト日本版の成功に見る「キメラ」としてのウェブメディア(前編)

2014年1月、ウェブをにぎわせたある話題。それは、ハフィントンポスト日本版の編集主幹に、「報道ステーションSUNDAY」のメーンキャスターとして活躍する長野智子さんが就任したというニュースでした。これを、「ネットを知らない人間を引っ張ってきた」などと評し、ハフポストの失策とみる向きもありますが……はたして川上慎市郎さんの読みはいかに? ハフポストの、メディアを意識させずにあらゆる経路からのアクセスを狙う、「キメラ」的戦略を読み解きます。

大変遅ればせながら、あけましておめでとうございます。1月1回目のコラムは、年明け早々再発したぎっくり腰のために休載させていただきました。申し訳ありません。今年も2週に1回、いろいろな話題をお伝えしていきたいと思います。よろしくお願いします。

さて2014年の最初のコラムは、私個人の今年のテーマでもある「メディア」の話題を取り上げます。

1月20日、「ハフィントンポスト日本版」の編集主幹に、テレビ朝日「報道ステーションSUNDAY」のメーンキャスターである長野智子氏が就任するというニュースがありました。

長野智子さん、ハフポスト日本版の編集主幹に就任 新しい顔に

メディアやジャーナリズム界隈では、就任を祝うコメントのほかに、「編集長と編集主幹はどう違うの?」といった戸惑いの声も挙がっていました。『ウェブはバカと暇人のもの』を書いた中川淳一郎氏などは、ブログで「自分の上にネットのことを何も知らない著名ジャーナリストを編集主幹として引っ張って来られて、編集長の松浦さんにとってこれほどの屈辱はないのではないか」と論評していました。

果たして、そうでしょうか。

私には、この人事は別に松浦さんがないがしろにされているわけでもないし、ハフポストと松浦さんにとっては完全に「当初の予定通り」の展開だと見ています。なぜそう言えるのか。それには、まず「ハフィントンポスト」がどのようなメディアであるかを理解する必要があります。

CNNや東洋経済をも上回るアクセスを集めるハフポスト

実は、メディア業界の中には、このニュース記事に隠されたもう一つの重要な事実に、驚愕した人たちがいました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
R30::リローデッド

川上慎市郎

グロービス・マネジメント・スクールでマーケティングを教える川上慎市郎さんが、若手ビジネスパーソン向けに、マーケティング、メディア、そして教育について、深くやさしく解説をします。かつて有名ブログ「R30::マーケティング社会時評」を運営...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

fujisiro @Ryosuke_Nishida あとこちらの原稿など参考になるでしょう→ 3年以上前 replyretweetfavorite

yoshinotai 冷静にして鋭い分析~【第35回】 約4年前 replyretweetfavorite

walwal ハフィントンポスト日本版って好調だったのね。 / “【第35回】 約4年前 replyretweetfavorite

hn_303909 【第35回】 約4年前 replyretweetfavorite