魂の叫びにすずきゅう、号泣【第13回】

第3回ボルタ展で起こった『リアル・スペースウンコ』事件でドン引きした読者たちに叫んだジョンさん。その声は果たして一人の高校生の胸にとどいたのでしょうか――
ごく普通の会社員であるジョン・ヒロボルタさんが血迷って携帯番号を誌面に載せたところから始まる、アメイジング・ドキュメンタリー!

〜前回までのあらすじ〜

 群馬の高校生(美術部員)が電話をかけてきてくれたことをキッカケに、自称・美術教師の道を歩むこととなったジョン・ヒロボルタ。部員のたろおみボルタ、すずきゅうボルタ、とっしーボルタの3人に共同作品『リアル・スペースウンコ』を描かせる。展示会においてすずきゅうボルタ(座右の銘:群馬で一番キチったやつになる)は、「絵の具を飲んで、自分のウンコで描いたんす」とうそぶいていたが、実は、事前に渡されたその絵の具は、ヒロボルタのリアルウンコで作られたものであった。その模様は「ウンコ絵の具の作り方」としてブロス誌面に掲載され、大きな反響を呼ぶかと思いきや一転、今まで常に読者からかかってきていた電話がピタリとかかってこなくなる。読者どん引きの事態にヒロボルタは誌面で叫んだ。「すずきゅうボルタは、ホントに群馬で一番キチったやつになってくれ!」—これは、30万読者に向かってキチ○イ特攻を敢行し、そして見事散華した男からのダイイングメッセージである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
雑誌で自分の携帯番号【090-6143-2407】を公開したら

ジョン・ヒロボルタ

泣く子も笑うサブカル雑誌『TVBros.』で連載中の超異色連載『090-6143-2407 ジョンと出会った読者たち』がついにcakes上陸。ごく普通の会社員であるジョン・ヒロボル タさんが血迷って携帯番号を誌面に載せたところから始ま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません