おもしろき こともなき世を おもしろく」

ITの発達が引き起こしたさまざまな変化を取り上げてきた本連載。結局未来はユートピアなのか、ディストピアなのか? ひとつだけ明らかなのは、ITの発達は人々の可処分時間をますます増大させていくということです。しかし、そうして得た「自由」も、ただ漫然と生きているだけでは苦痛になりかねません。いったい、長い長い娯楽社会を「自由と言う名の牢獄」にしないためには、どうやって生きるべきなのでしょうか。

 さて、この連載も随分長くなってきました。未来はディストピアなのかユートピアなのか? ロボットの話とか教育の話とか就労の話とか色々書いてきましたが、この頃僕が思い描いている未来の姿は、人によってディストピアにもユートピアにもなりうる、「自由と言う名の牢獄」のような状態です。

なんだかいつの間にか自由になった
 気が付くと僕らは随分と自由に生きています。社会のタブーは、ここ20年ぐらいで随分減りました。結婚してもしなくてもいい。働いても働かなくてもいい。子供を作っても作らなくてもいい。24時間営業のお店が増え、いつでも誰とでもコミュニケーションが取れ、一人になりたければネットを徘徊してればいい。ゲームをしてようが、エロ動画観てようが咎める人は誰もいません。

 今後はもっともっとユルくなるでしょう。シングルマザーをやりたい人はやればいいし、できちゃった婚ももうフツ〜です。家族の形態はもっともっと自由になっていきます。アメリカではゲイやレズのカップルが籍を入れて、養子を育てています。フランスはシングルマザーいっぱいです。ギリシャとかスペインとかは失業者だらけ。だからといって政府が転覆されるわけではなりません。世の中はなんというか、まったりとしたカオス状態なんです。

自由な時間が増えた
 そして僕らはもはや、あんまり働いていません。「なに抜かしとんじゃコラ!オレは毎日サービス残業じゃ!」という方も沢山いるでしょう。それでも僕らはかつてほど働いていません。僕らが子供のとき、大人たちは週6日働いていたんです。「アメリカは週2日も休むらしい……」と信じられないような気持ちだったのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith 「考えてみると、僕らが生きているのは、「娯楽社会」と呼んでもいいような社会なんです。人間のサバイバルに絶対に必要な食糧生産とかエネルギーの確保とかライフラインの運営といった仕事をしている人、総人口の数パーセントしかいません。」 https://t.co/hrspe0rTFY 4年以上前 replyretweetfavorite

taguchiayako うーん妊娠期間10ヶ月とその後の子どもがいる女性はどう生きるんだろ? 5年弱前 replyretweetfavorite

nazenazeboy 両者とも機械化による真の労働からの解放の話。 そうなったら強いのは任天堂だと思うんだけどな~。TDLとか。 恐山あれこれ日記 http://t.co/6iYVSXoF1q IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか? https://t.co/xaJeOcEER0 5年弱前 replyretweetfavorite

hal_31 いかに「自由と言う名の牢獄」「まったりとしたカオス状態」を生きるか→ 5年弱前 replyretweetfavorite