第15回】歯を守れ~1本抜くと、連鎖的に失うきっかけに(前編)

歯周病が重症化してしまった場合、判断しなくてはいけないことが、大きく二つある。保険診療で治療するか、自由診療でいくか。そして、歯を抜くか否かである。

  歯周病が重症化してしまった場合、判断しなくてはいけないことが、大きく二つある。保険診療で治療するか、自由診療でいくか。そして、歯を抜くか否かである。

 虫歯がなく、歯医者に通ったことがない人ほど注意が必要なのが、歯周病だ。悪化させないためには、早期の診断と治療が重要だが、初期は痛みなどの自覚症状がほとんどない。自覚症状が出たときは、重症化していることが多い。

 歯周病は、口の中の細菌の働きによって炎症が起こり、歯の周囲の組織が破壊される病気だ。かつては歯槽膿漏と呼ばれた。炎症が歯肉に限られた軽度なものを歯肉炎、より症状が進行したものは歯周炎と呼ぶ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
もうダマされない! 歯医者の裏側

週刊ダイヤモンド

歯医者数が10万人を突破した。明らかな供給過剰であるため患者争奪は激化している。技術も知識もないまま新しい治療法に手を出したり、過度なもうけ主義に走る者も存在する。だまされずに、いい歯医者と治療法へたどり着けるよう、歯医者と業界の見え...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません