第14回】キシリトールガムは有効か??歯にまつわるウワサの真実

よく耳にする歯にまつわるウワサの数々は、はたして本当なのか。キシリトールやフッ素は、虫歯を防ぐ救世主なのか。親の虫歯は子どもにうつるのか。歯医者たちに真実を尋ねた。

キシリトール入りのガムは、虫歯予防に効果があるの?

 虫歯の原因菌は、砂糖やでんぷんなどの糖質を“餌”として活動し、細菌群の“すみか”となるプラーク(歯垢)を形成して、酸を排出します。その排出された酸が歯を溶かすことで虫歯になります。

 砂糖の代替甘味料であるキシリトールは、砂糖と異なるため、虫歯の原因菌が餌として活動できません。したがって、砂糖が入ったガムに比べれば、虫歯になりにくいといえます。酸によって歯の中のカルシウム成分が溶け出して初期虫歯となる現象を脱灰といいますが、キシリトールのガムはこの脱灰を修復する再石灰化の効果があるともいわれています。ただし、これはキシリトール特有の効果というよりも、もともと唾液には、酸を中和して再石灰化を促す作用があり、単純に、シュガーレスガムをかむことで、唾液が増えたおかげでもあるでしょう。

 キシリトールの過剰摂取は、おなかが緩くなるなどの症状が出ることがあります。あくまでも虫歯予防の基本は、歯磨きです。キシリトールのガムに過剰な期待をしてはいけません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
もうダマされない! 歯医者の裏側

週刊ダイヤモンド

歯医者数が10万人を突破した。明らかな供給過剰であるため患者争奪は激化している。技術も知識もないまま新しい治療法に手を出したり、過度なもうけ主義に走る者も存在する。だまされずに、いい歯医者と治療法へたどり着けるよう、歯医者と業界の見え...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません