成功する人

bar bossa店主、林伸次さんの人気コラム、今回は「成功する人」についてのお話です。林さんのお店にはさまざまなお客様が訪れますが、その中には社会的に成功している方もいらっしゃるそうです。バーカウンターに座る数えきれないほどの人たちを観察し続けてきた林さんは、その成功する人たちにある共通点があることに気がつきました。成功するのはどんな人なんでしょうか?

成功する人は才能ではなく性格?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

司馬遼太郎が「何事かを成しとげるのは、その人の才能ではなくて性格である」という言葉を残しているそうです。

これは本当に真実だなあとよく感じます。バーという場所で毎日働いているので、たくさんの成功者と呼ばれる人を見ているのですが、成功している人はやっぱり全員が「良い人」です。

僕みたいな若造の一バーテンダーに対して、すごく謙虚に、そして誠実に接してくれたり、ちょっとした言葉遣いや雰囲気が「魅力的だなあ」と感じる人が多いです。

そしてやっぱり「ちょっとこの人歪んでるなあ」とか「うわあ、注文の仕方がすごく横柄だなあ」と感じる人は、どうも二流止まりか、一度当たってもその瞬間だけで持続はしないという方が多いようです。

例えばテレビや雑誌でよく見かける方が来店することがたまにあります。その方がマスメディア上ではちょっと強引で横柄な印象があっても、本人を目の前で接するとすごく腰の低い方でもうびっくりなんてこともよくあります。その現象ってよく話題になりますが、腰が低いからそこまで登りつめられるのか、それとも成功するような人はあまり威張り散らさないものなのか、まあどちらも正解なのかもしれません。

とにかく、一番上まで上り詰める人は「才能」だけではなく、ほとんどが「性格」のような気がするんです。

というわけで、彼ら成功者の「バーで飲んでいる姿」を見て感じる「共通する特徴」のようなものを考えてみました。

バーカウンターで見た「成功する人」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Quishin ケイクス格違う。他のウェブメディアと比べ物にならない圧倒的なクオリティのテキストで溢れてる。 4年以上前 replyretweetfavorite

ukitazume 司馬遼太郎が「何事かを成しとげるのは、その人の才能ではなくて性格である」という言葉を残しているそうです。 |林伸次 @bar_bossa |cakes(ケイクス) https://t.co/TJH6XNq8fX 4年以上前 replyretweetfavorite

HAL_emon 成功する人|ワイングラスのむこう側|林伸次 @bar_bossa |cakes(ケイクス) 良くも悪くも思いつく!結果的に空気つくるよね https://t.co/jlEIu2vneK 4年以上前 replyretweetfavorite