クリーブランド美術館展 名画でたどる日本の美」—日本人の知らなかった“日本らしさ”

企画展にはさまざまな国の美術品がやってきますが、ときには海外で収蔵されていた日本美術の“逆輸入”が行われることもあります。「別に日本にあるものを見れば十分なんじゃ……」とお思いかもしれません。しかし、実は海外コレクションのほうが、日本人が見逃していた日本美術の価値を守ろうとした海外収集家たちの尽力により、充実したラインナップになっている場合が多々あるのです。今回もそんなコレクションのひとつが海を渡り、上野・東京国立博物館で「クリーブランド美術館展 名画でたどる日本の美」が開催されています。“里帰り”してきた名品たちをながめながら、海外の文化人が愛した「日本らしさ」にふれてみませんか?

正月という存在自体が、一年を通して最大の伝統行事だからでしょうか。新年を迎えると、なんだか日本文化のよさにたくさん触れたい気持ちになりませんか? 今回も、日本美術の粋が観られる展覧会をご紹介いたしたく存じます。

東京国立博物館平成館ではじまった、「クリーブランド美術館展 名画でたどる日本の美」です。日本美術なのに、クリーブランド美術館ってどういうこと? そうお思いになりますよね。米国オハイオ州にある巨大な美術館なのですが、そこには日本美術の一大コレクションがあるのです。その数、2000点に迫るというから相当な規模ですよ。その名品を、ごっそりと日本に運んできたのが今展ということになります。

なぜ米国に、日本美術コレクションが収蔵されているのでしょうか。明治期以降、西洋文化の摂取に忙殺されていた日本では、古来の文化に対して冷淡な一面がありました。そんな古びたものよりも、西洋の「進んだ美術」をもっと知らねばならないとの発想だったのですね。

価値を見出されずに捨て置かれていた作品は、心ある海外の収集家の手によって、大量に海を渡っていったのです。浮世絵の優れたコレクションが欧米にいくつもあるのは、そうした事情によるものです。

クリーブランド美術館の場合、戦後の日本でGHQ連合国軍総司令部美術部局に勤めていた人物が、館長を務めたことを契機としています。GHQの仕事として日本の古美術調査した経験を生かし、日本美術コレクションを館の目玉としたのです。

そんな経緯もあるからか、同館コレクションは、各時代の日本の社会や文化の特徴をよく表す作品が多く揃っています。それは今回の展示からも見てとれますよ。

たとえば、江戸時代に山本梅逸が描いた《群舞図》は、宴の盛り上がりの様子を、障子越しの人の影によって表現しています。また、室町時代の《薄図屏風》は、その名の通りススキが描かれています。というより、ススキしか描かれていません。背景はなく、それがどんな状況でどこに生えているのか、画面内に情報は一切ありません。ススキの葉の質感などを表現しようという意思も感じ取れません。きわめて意匠的。つまりどちらの作も、事物が極端にデザイン化されているのです。


群舞図 山本梅逸筆 江戸時代・19世紀

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

_k18 今回はクリーブランド美術館展でございます 5年弱前 replyretweetfavorite