まほろ駅前狂騒曲』【後編】少年ジャンプの漫画家になりたかった。

バツイチの便利屋と訳ありの居候が活躍する、三浦しをんさんの「まほろ」シリーズ。最新作となる『まほろ駅前狂騒曲』は『週刊文春』で連載していた原稿をまとめたもので、三浦さんは、人生で初めて小説の週刊連載に取り組むことになりました。一度は『週刊少年ジャンプ』の漫画家の気持ちを味わってみたかったという三浦さんですが、実際に連載を終えてみての感想は……? 執筆時のこぼれ話も満載の、『まほろ駅前狂騒曲』インタビュー最終回。聞き手は柳瀬博一さんです。(構成:崎谷実穂)

どんな話になるか、自分でもわからず書き進めていた

柳瀬博一(以下、柳瀬) 『まほろ駅前狂騒曲』は、週刊文春に連載していたんですよね。週刊連載ということで、今までと変わったことってありましたか?

三浦しをん(以下、三浦) うーん、先が見えないこと。

柳瀬 なるほど(笑)。

三浦 普段は月刊誌の連載が多いんですが、それだと1回だいたい原稿用紙50枚や70枚くらいで依頼をいただくんです。毎回まとまったページを書くから、全体の見通しもつけやすい。でも、今回はたしか1回が15枚で、それを40週以上続けていたんですよね。数週間分ずつためて書けばよかったんですけど、私、本当に毎週、毎週、書いていたんです。

柳瀬 えっ、毎週書いてたんですか。それはまた律儀な。

三浦 だから毎回、すっごくギリギリでした。イラストの下村富美先生には本当にご迷惑をおかけしました。

柳瀬 毎週書くのって、大変じゃないですか。

三浦 いやあ、もう書くしかないっていう感じですよね。だって、書かなかったらそのページ、あぶり出し? みたいな(笑)。

柳瀬 ははは、真っ白で、あぶったら文字が出てくるかもしれないと(笑)。

三浦 ってことになっちゃうんですよ。でも最近は、週刊連載だからといって、毎週書いている人はあまりいないらしいですね。けっこうみんな、1ヶ月分とかをまとめてコンスタントに渡すと聞きました。

柳瀬 書きためて、編集部の方で週ごとに刻んでもらうらしいとは聞きますね。三浦さんは、どうして書きためなかったんですか?

三浦 えーとですね、そういうことができる人は、小説を書くだけじゃなく、他の仕事もたぶんちゃんとできると思います。

柳瀬 (笑)。

三浦 私にはそんな計画的なことは死んでも無理っす。毎週少しずつ書くので、自分でも展開がどうなるのかわからないまま書いていました。

柳瀬 じゃあプロットも行き当たりばったりで……。

三浦 登場人物の老人、岡さんがバスジャックを起こすことだけは決めていましたが。しかも1作目を書いたときから、「いつかは岡さんにバスジャックさせよう」と構想していました。

柳瀬 なんでまた?

三浦 だって、岡さん、1作目から自宅の目の前を通る横浜中央交通(横中)のバスが運行本数を減らす「間引き運転」をしているんじゃないか、と思い込んで、何度も多田と行天に見張りを依頼するじゃないですか。あそこまでバスにこだわっている岡老人のことです、最後はバスジャックくらいやらせてあげたいなあ、と(笑)

柳瀬 そんな(笑)。

三浦 でも、1作目と2作目はいわば短篇集ですから、バスジャックなんていう一大事を起こす余地がなくて、岡さんはひたすら、「横中バスは絶対に間引き運転してる」ってやきもきするしかなかったのです。

柳瀬 ずっと、多田に間引き運転してないか、見張らせてました。結局してないんですが、いつも納得していない。

三浦 それが今回は長編だから、バスジャックも起こせるぞ、と。でも、どういう展開になったらバスジャックに行き着くのか、自分でもわからなかったんですよ。

柳瀬 バスジャックは、最後のほうで物語がガーッと展開するための大きなエンジンになりますよね。それを決めずに書いていたとは……すごいですね。

三浦 単行本としてまとめるときにページ数を見てみたら、ちょうど真ん中くらいでバスジャックの流れが始まっていたんですよ。何も考えずに書いていたのに。それに気づいて、自分は天才かと! ……あ、冗談ですよ。

ジャンプ作家の気持ちを味わってみたかったけれど……

柳瀬 いや、マジで、天才っす。今回は長編なのに物語のスピード感がいっさい途切れず、つっぱしる。それって週刊連載だったからというところもあるんでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
記憶」を嗅ぎあう関係の描き方—三浦しをんインタビュー

三浦しをん

バツイチの便利屋と訳ありの居候、天才ランナーと彼の才能に賭ける相棒、辞書作りに没頭する朴念仁とお調子者の同僚……。三浦しをんさんの小説は、生き生きとしたキャラクター達が織りなす人間関係の魅力で、読者の心をつかんできました。三浦さんの友...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hideki_nara お早うございます♪ 『 まほろ駅前狂騒曲』【後編】少年ジャンプの漫画家になりたかった… 直木賞作家 三浦しをんさんのインタビュー記事後半。。。 http://t.co/9dYu16X1he 約4年前 replyretweetfavorite

hideki_nara お早うございます♪ 『 まほろ駅前狂騒曲』【後編】少年ジャンプの漫画家になりたかった… 直木賞作家 三浦しをんさんのインタビュー記事後半。。。 http://t.co/DusYbLDlVL 約4年前 replyretweetfavorite

sleeping_husky やはりプロットはいらない! 約4年前 replyretweetfavorite

manaview 柳瀬さん(@yanabo)が聞き手。 #life954 約4年前 replyretweetfavorite