ヤル気・ショッピングモール・ゴシック

今回の「新・山形月報!」も、スーザン・ワインチェンク『説得とヤル気の科学』(オライリージャパン)、イアン・エアーズ『ヤル気の科学』(文藝春秋)、鈴木信弘『片づけの解剖図鑑』(エクスナレッジ)、近森高明・工藤保則編『無印都市の社会学 』(法律文化社)、若林幹夫編著『モール化する都市と社会』(NTT出版)、ジュディス・メリル編『年刊SF傑作選』シリーズ(創元推理文庫)、高原英理編『リテラリーゴシック・イン・ジャパン』(ちくま文庫)、フラン・オブライエン『第三の警官』(白水Uブックス)など、多くの本が取り上げられています。他にも、カルロス・フエンテスの大著『Terra Nostra (我らが大地)』は気になりますね!

みなさまいかがお過ごしでしょうか。こちらは正月休みで一念発起、20年以上も本棚に寝かせてあったぶあつい小説を読み始めてしまったもので、今月前半はなかなか本が読めておりません。ちなみにその本、カルロス・フエンテス『Terra Nostra (我らが大地)』。原著はスペイン語だけれど、英訳で読んでおります。大判トレードサイズのペーパーバックで750ページという化け物。通勤途中に持っているだけで腕が疲れます。その上、字がびっちりで、いま読んでいる部分はいろんな人のとりとめのないモノローグが続いて話が全然進まない……。これまで、数年ごとに読もうとすると、「邦訳が出るらしい」という話が聞こえてきて、それなら待とうか、と思って本棚に戻すというのを繰り返してきたのだけれど、ずーっと本棚を占拠させておくのも飽きてきました。今度こそ引導渡して読み切ります—と言ったはいいけれど、通常は読むのが異様にはやいぼくですら、二週間がかりでまだ200ページ終わっていない。あと500ページ以上! 先は長い……。

が、そういう読みにくいものを読んでいると、他の本が神々しいまでに読みやすく見えてきて、間にはさむ読書もなかなかはかどる。今回まずおもしろかったのが、スーザン・ワインチェンク『説得とヤル気の科学』(オライリージャパン)。ぼくの訳した本にも『ヤル気の科学』(イアン・エアーズ著、文藝春秋)というのがあるけど、これは自分がどうやってやる気を出すかについての本だった。それに対して、こちらのワインチェンクの本は、他人にどうやる気を出させるか、という本だ。そしてどちらも、いい加減な思い込みや自分一人の体験の話ではない。ちゃんとした心理学の成果を活用している。いったい人は何で動くのか? どういったものがインセンティブになるのか? 基本的なアメとムチの使い分けも、「北風と太陽」の寓話のように、うまく状況にあわせないと逆効果になりかねない。また物語をどう構築するか、一貫性を求めたり仲間意識を活用したり、人の付和雷同を利用したりと、ケースに応じて手法はいろいろある。本書は、それを個別に説明した上で、具体的な場面での使い方を示してみせる。

説得とヤル気の科学 ―最新心理学研究が解き明かす「その気にさせる」メカニズム
説得とヤル気の科学 ―最新心理学研究が解き明かす「その気にさせる」メカニズム

この手の本は、このコラムでもいろいろ紹介してきたと思う。その筆頭はロバート・B・チャルディーニ『影響力の武器』(誠信書房)で、もちろん本書もチャルディーニの成果は十分に使っている(が、参考文献でこのチャルディーニの本が挙がっているのに、邦訳が紹介されていないのはびっくり)。チャルディーニの本は、むしろそういう手口を悪用するキャッチセールスや詐欺師にダマされないようにするにはどうしたらいいか、という方向からの本だった。でもその後、チャルディーニも『影響力の武器 実践編』(誠信書房)で、まさに本書と同じ、いかに心理学を(自分にとっては)プラスに使ってイエスを引き出すか、他人に何かをやらせるにはどうすべきか、という方向に進んでいる。当然ながら、重複する部分はかなり多い。が、整理の仕方はこの『説得とヤル気の科学』のほうが明解だと思うし、もちろん他の知見も入っているので、読んで損はない。

著者はインターフェース設計の専門家で、こうした知見を具体的な場面にどう応用するかについては、多くの経験を持つ。そして特に、物理的なアーキテクチャを使って人を動かす話は、チャルディーニの本やエアーズの本では出てこない部分だ。たとえば、部下に確認作業をさせるときに、チェックリストを渡すわけだけれど、そのときにチェックリストをはさんであるクリップボードを重くすると、それが心の中で持つ重みが変わって注意が向きやすくなる、といった話は「へ~え」という感じ。しかしそれが効くということは、多くのビジネス誌で各種の(高い)文房具やカバンを買えば仕事のできる男になれる、とか煽っているのも、必ずしも完全なヨタではないわけか。

本書は特に最後の部分で、いろいろなケーススタディが出ている。子供に勉強させるにはどうしたらいいだろうか、リサイクルを普及させるにはどうしたらいいか、部下に主体的な仕事をさせるにはどうしたらいいか? むろん、ここに書かれた話がそのままあてはまるケースはないだろうけれど、でも自分のこれまでの試みを見直すきっかけにはなりそう。そんな実用性を考えなくても、流し読みするだけでも結構おもしろいので、ごらんあれ。

さて、なかなかやる気がおきないのが各種の片付け。新年の誓いで机や部屋の整頓を挙げたかたも多いだろうけれど、きっとそろそろ挫折している頃だと思う。いろいろな整理整頓法の本は出ているけれど、各種ダイエットの本と同じで、どれも三日坊主で終わってしまうんだよねー。上に挙げた「ヤル気」本で、自分を条件付けして片づけるように仕向ける手もあるとは思う。でもなかなかそこまでやろうという気自体が起きず、なんとなく散らかり放題にしているのが現状。その中でちょっと変わった本が鈴木信弘『片づけの解剖図鑑』(エクスナレッジ)だ。

散らかるのは、物理的アーキテクチャの問題だ! 部屋や家が、片づけやすいようにできていないからだ! そしてこの発想をもとに、この本では玄関、台所、居間その他における、活動と収納の関係について豊富な図解とともに教えてくれる。もちろん、家自体の大きな構造だけでなく、タオル掛けのあり方なんていう小物まで! こういう実用系建築本の楽しさは、「ああこれはうちでもできそう」というのを何となく思わせてくれて、ちょっとやってみようという気にさせてくれること。「やってみようかな」と言わせるだけで、かなり実行率が上がるというのは上の「ヤル気」本でも書かれているし、それをこういうさりげない形でプッシュしてくれるのはなかなかいい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

suzuuzu 第28回  5年弱前 replyretweetfavorite

fka_shanghai 第28回  この人も連載してたのか。誰でもCakesに書いてるな 5年弱前 replyretweetfavorite

agyrtria ほうほう。高原英理編『リテラリーゴシック・イン・ジャパン』(ちくま文庫)を読む本に追加 第28回  5年弱前 replyretweetfavorite

sadaaki 楽しみにしている山形さんの書評が更新。2冊買った。第28回  5年弱前 replyretweetfavorite