ケイクス通信

ケイクス通信 1/17| 本日の更新記事を一挙紹介!

cakes本日の更新コンテンツをお知らせいたします! 海猫沢めろんさんの「マンガは読書に入りますか?」はBL(ボーイズラブ)マンガ編の第2回。BL研究を専門とする社会学研究者の金田淳子さんのお宅で、男性にもひびくボーイズラブの魅力をうかがいました。『ハゲタカ』真山仁さんが作家生命をかけた小説『コラプティオ』。文庫化にあたって、その序章をcakesに掲載! 熱い政治家魂とカリスマ性を持った政治家・宮藤隼人の演説からその物語がはじまります。そして人気連載「フェル先生のさわやか人生相談」は、今日も悩める子羊たちの質問に、時に優しく時に厳しくフェル先生が答えます。「恋は盲目」なんて言葉がありますが、好きな人のうわさは信じたくないもの。そんな噂を聞いた時、あなたならどうしますか?

●ピックアップ

海猫沢めろん「マンガは読書に入りますか?」
BLマンガの秘境 vol.2 お前はすでに読んでいる!男も楽しめるボーイズラブの魅力

男同士の恋愛を描く「ボーイズラブ」の世界。基本的には女性が描き、女性が読むことの多いジャンルですが、実は男性でも、BLが琴線にふれる人は少なくないのでは……? 腐男子道に足をつっこみかけている作家・海猫沢めろんさんが、BLの話をいっしょにできる友達がほしいんだ!という個人的事情により、BLに造詣の深い社会学研究者・金田淳子さんを訪問。男性にもひびくボーイズラブの魅力を根堀り葉堀り聞き出します。『少年ジャンプ』に載っていたあのマンガにドキドキしたという方、必読ですよ。

●連載

真山仁「〝政治の季節〟がやってきた—『コラプティオ』文庫化によせて」
『コラプティオ』序章—二〇〇一年春【前編】

東日本大震災直後の、2011年7月に刊行された真山仁さんの小説『コラプティオ』が、文庫化されました。震災後の日本の政治を描いたこの作品は、3・11からもうすぐ3年となる今こそ読んでいただきたい一冊です。今回はcakesで、序章の内容をお届けします。物語のはじまりは、震災から遡ること10年前。熱い政治家魂とカリスマ性を持った政治家・宮藤隼人の演説に耳を傾ける、二人の若者。言葉を自在に操る宮藤の演説から、彼らが感じとったものとは……。

新城カズマ「15×24(イチゴーニイヨン)link one せめて明日まで、と彼女は言った」
パート3.せめて明日まで、と彼女は言った 枯野透[10:26]、西満里衣[10:10−]

自殺したがってる同い年の男子生徒のために割ける時間は……、三秒だね。なんでかって? しょうがねーでしょ。当人が死にたがってんだから—とある大晦日、12月31日。高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。友人である笹浦耕は東京のどこかにいる彼を止めようと捜索隊を結成します。そこから始まる15人の24時間の物語。

青山裕企 / 美少女図鑑「彼女写真 in 仙台」
仙台編【第17回】瞳

仙台城跡から二人で眺める冬の仙台。空に向かって、大きく傘をスイングした彼女は、いったい何を見つめているのでしょうか? 彼女の凛とした強い眼差しに、僕はどんどん引きこまれていきます……。

フェルディナント・ヤマグチ「フェル先生のさわやか人生相談」
【第63回】気になる人の悪い噂

本業、執筆のダブルワークにプライベートを両立させるフェル先生のもとに届いた相談は、今回も他人ごととは思えないものばかり。まず、気になっている人のよくない噂を耳にしてしまった女性が登場。どうもその悪評を信じられないという彼女に、フェル先生がくだす診断は? 文末の近況コーナーでは陸上自衛隊のパラシュート降下訓練のようすがレポートされています。新年もアグレッシブなフェル先生の言葉を読めば、あなたの心も前向きになるはずですよ!

林伸次「ワイングラスのむこう側」
浮気は男の専売特許じゃない

今回の林伸次さんのコラムは「浮気」について。浮気、というと男性ばかりがしているイメージがあります。しかし林さんのお店に来る女性たちを見ていると、そうとは言えないようで……。林さんが聞いたちょっと悪い人のテクニックから、いったい何が学べるのか。男性の皆さん必見の、実用浮気論です!

仲田晃司「ワイン通信・ブルゴーニュの村から」
【第22回】フランスのワインカーヴでの、年末年始

フランスはブルゴーニュの人気ワインカーヴ、「ルー・デュモン」の年末年始の様子をご紹介。仲田晃司さんが「めまいがするほど忙しかった」そのわけは…? ブルゴーニュでも、日本企業でもおなじみの「あの作業」がおこなわれていました!

結城浩「数学ガールの秘密ノート」
第62回 レイジースーザンを責めないで(後編)

前回から続く屋上での数学トーク。「僕」とテトラちゃんが話していた円卓に座る人のパターンの求め方には、「円順列」という名前がありました。今回も円順列の話をしていると、ミルカさんがやってきて一言。それに慌てる「僕」。さて、どんな数学トークが行われるのでしょうか。

佐藤和歌子「晩酌歳時記」
第四十七回・餅

初詣で、「今年もおいしいものをたくさん食べられますように」と祈願した佐藤和歌子さんによるショートコラム。お餅のない正月なんて想像できない、なんて思う佐藤さんですが、よくよく考えると正月以外も一年中お餅を食べているそう。十人いれば十通りの食べ方があるお餅ですが、佐藤さんのお気に入りの食べ方はどんなものでしょうか。

八雲星次「職業治験—治験で1000万円稼いだ男の病的な日常」
いざ睡眠不足で事前検診へ【第二章 初めての治験、その前に】

薬を飲むだけの怪しい高額バイト、その名も「治験」。まだ開発段階の「新薬」を飲みまくり、採血の連続。そんな治験歴7年というプロ治験者の日常やいかに? 第7回、いよいよ面接開場へ向かいます。絶食してくるようにという要望をあっさりと破り、八雲さんはアイスコーヒーと共にタバコを吸ってしまいます。そんなことで検査に通るのでしょうか—。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ケイクス通信

cakes編集部

ペットボトル1本分の値段で、1週間コンテンツを楽しめるプラットフォーム・cakes(ケイクス)。購読をしようか迷っている方や、購読を始めたけど何を読んでいいか迷っている方のために、cakesの最新コンテンツをご紹介していく無料連載です...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません