シンキロウプロジェクト

第9回 Track02 Age of Consent

PHP研究所から、人気ボカロ小説の新作をcakesで配信です!
”シンキロウプロジェクト”の全体像がわかり、決断を迫られる新。”シン”としてプロジェクトに参加するのか、それとも…?

初音ミクをはじめ今や70億円を超えるともいわれる「ボーカロイド市場」。一時ネットで話題となった「人気ボカロP(ボーカロイド楽曲の制作者)は企業による捏造だった!?」という陰謀論に着想を得た小説『シンキロウプロジェクト』を一部公開します。

上手く行けば音楽業界に潜り込めるかも、くらいの軽い気持ちで受けた面接だった。日本の音楽業界? 声帯モデリング? そんな難しい話になるとは思ってもいなかった。それに“シン”って何をやればいいんだろう。自分でもこれまで曲を作ってきたけど、あくまでも自分が歌うための曲だった。女声ヴォーカルの曲なんか書いたことないし、プロジェクトの命運がかかった曲なんて書けるんだろうか。

「僕はこれまで自分が歌うための曲しか作っていません。女声ヴォーカルのキーの高さで曲を書いたこともなければ、女の子の気持ちで歌詞を書いたこともありません。正直なところ自信がないのですが……」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シンキロウプロジェクト

ほぼ日P(ボカロP)

PHP研究所から、人気ボカロ小説の新作をcakesで配信! 病気になりそうなほど眩しい日差しが照りつける真夏のアキバ。静岡から上京した加藤 新(かとう あらた)はある会社の面接試験を受ける。それは「株式会社シムラクラム」が推進す...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません