シンキロウプロジェクト

第7回 Track02 Age of Consent

PHP研究所から、人気ボカロ小説の新作をcakesで配信です!
「おめでとう。今日から君が『シン』だ!」――面接に合格した新(あらた)。でも「シン」って何だ?ついにシンキロウプロジェクトの全貌が明らかに!?

初音ミクをはじめ今や70億円を超えるともいわれる「ボーカロイド市場」。一時ネットで話題となった「人気ボカロP(ボーカロイド楽曲の制作者)は企業による捏造だった!?」という陰謀論に着想を得た小説『シンキロウプロジェクト』を一部公開します。

「シンキロウプロジェクトへようこそ。よろしくたのむぞ」

 社長はそう言って手を差し出した。
 よくわからないながらもとりあえず握手。社長はそれほど体格の良いタイプではない、どちらかと言えば文化系というかインドアな感じのするタイプだが、握手する手は力強かった。それだけのこのプロジェクトに力を入れている、ということなんだろう。
「おめでとう」
「よろしくな」
 社員たちも手を叩いている。
 さっきまで「絶対落ちた!」と思っていたのに、急に祝福されて、狐にでも摘ままれたような気分だ。それに“シンキロウプロジェクト”って何のことだろう?
「……あのー? さっきから言ってる“シンキロウプロジェクト”って何のことですか?」
 言い出しにくい中でおずおずと切り出した言葉に一同が顔を見合わせている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シンキロウプロジェクト

ほぼ日P(ボカロP)

PHP研究所から、人気ボカロ小説の新作をcakesで配信! 病気になりそうなほど眩しい日差しが照りつける真夏のアキバ。静岡から上京した加藤 新(かとう あらた)はある会社の面接試験を受ける。それは「株式会社シムラクラム」が推進す...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません