Kawaii日本美術」展—クールジャパンはここにあった!

日本のサブカルチャーへの世界的な注目が高まっている近年。そのなかでも特に愛されているのが、ハローキティやきゃりーぱみゅぱみゅなどの「カワイイ」ものたち。しかし、最近のサブカルコンテンツにかぎらず、伝統的な日本美術にも、「カワイイ」ものはたくさんあるんです。そのことに気づかせてくれるのが、東京・山種美術館で開催中の「Kawaii日本美術」展。「カワイイ」を入り口に展示をまわるうちに、クールジャパンにつながる日本美術の魅力を体感できるはずですよ。

「サムライ」「ニンジャ」「ハラキリ」が最も知られる日本語といわれたのは今や昔。というより、ほんとうにそんな時代があったのでしょうか。現在、広く知られるようになった言葉の代表格といえば、「カワイイ」ですね。アニメやキャラクターを中心にして、日本のカワイイものが世界中で人気を博しています。

そうした流れは、もちろんアートの世界にも影響を与えます。アートと聞くとつい浮世離れした、高尚で普遍的なものを思い浮かべてしまうかもしれませんが、アートだけがそんな何かを超越した存在であるわけありません。アートだって当然、時代とともにあって、社会の動きや流行と無縁ではいられません。

「カワイイ」をキーワードにつくられた展覧会が現在、東京・山種美術館で開かれています。その名も「Kawaii日本美術」展です。数ある日本美術から、「カワイイ」をテーマに名品を選りすぐるという趣向。このようなわかりやすいお題が設定されていると、とたんに展示に親しみが湧いてきますね。たとえ日本美術をあまり観たことがなくて、予備知識だってとくになかったとしても、ひとたび「カワイイ」というくくりがあると知れば、

「あれも、これも、たしかにカワイイ」

「いやこっちのほうがもっと……」

と、すぐにのめり込んでいけます。展示を観る際の「視点」ができるとでも申しましょうか。展示企画が視点を提示してくれるときは、その導きに積極的に乗ってみるとよろしいですよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yukitoshi 日本美術の「かわいい」か。行こ。 6年弱前 replyretweetfavorite

fujinejima 山種美術館のこれ、面白そう→ 6年弱前 replyretweetfavorite

_k18 今週の更新は山種美術館のKawaii展ですご確認ください 6年弱前 replyretweetfavorite