パート5. 大人はわかっちゃくれない 私市陶子、徳永準[15:10]

ふと、その時に私は憶い出したのです。あのファブリという男、あの恐ろしい男には匂いがなかったということに――高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。頭脳派、お人好し、リーダー気取り、犯罪者まで入り乱れて彼と彼を導く殺人鬼(?)〈17〉に迫ります! 15人24時間の大晦日から始まる群像サスペンス長編! 読みはじめたら止まれない、ライトノベル史上〈もっとも長い一日〉をご堪能ください。(イラスト:箸井地図)

私市陶子[15:10]

 そのとたん、それまで私の隣で半ば寝そべるような姿勢でリラックスしていました彼女は、
「……うぎゃあああ!」
と、まさしく絹を引き裂くような悲鳴をあげますと、後部昇降口から跳び出していったのです。
「アキホっ!」
 前部昇降口から乗り込んで来た茶髪の女の人が、激しく唸りました。その荒い鼻息が、私には感じとれました。やはりタバコの吸い過ぎはよくないことです。臭いがこんなにも遠くからはっきり伝わるのですから。
「待てこのくそやろお!」
 などと叫んで、茶髪の人はそのまま車内を駆け抜け、昇降口から飛び下り、あっというまに道路の彼方へ追いかけてゆきました。
 ふと、その時に私は憶い出したのです。あのファブリという男、あの恐ろしい男には匂いがなかったということに。先生のような素敵な匂いも、父さまやお祖父さまのような外国製の整髪剤の匂いも、世の男性がお髭のところにつけるアフターシェイブとかいうものの痕跡こんせきさえ、なかったのです。
『次は終点、吉祥寺、吉祥寺──』
 アナウンスの声に、私は我にかえりました。ああ、どうしましょう。終点です。ここで降りなければいけません。けれど、その後は? 今の私には小銭すらもありません。お財布も、それどころか荷物が一切見当たりません。どこに置き忘れてきたのでしょうか。
 そして、ああ先生。
 一体どうしたことか、私は先ほどから裸足なのです!──

私市陶子[15:10−]へ進む


徳永準[15:10]

 ネットに入る寸前で、ぼくの指が止まる。
 手の中のケータイが震えている。電子音が響いてる。
 電話だ。
 電話がかかってきてる。
「あら、ほんまやねえ」
 どうしよう?
「どうしようて、そらジュンくんが決めな。それ、もうジュンくんのもんなんやし」
 でも決める前に、ぼくの指はもう勝手に通話ボタンを押している。無意識の、反射的な動き……電話が鳴ったら、とって返事をするものだから。
 すっかり体にしみついた約束事。電話は出なくちゃいけません。ケンカをしてはいけません。勉強しなくちゃいけません。困っている人がいたら、助けなくちゃいけません。なぜ? 誰も深く考え込んだりしない。だってそういうものだから。そういうふうに教えられたから。たった今、ぼくの指がボタンを押したように。それとも単に、電話の音がうるさかったから……だからボタンを押したんだろうか。
 もしもし?
『──やあ。そちらはどなた?』

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
15×24(イチゴーニイヨン)link two 大人はわかっちゃくれない

新城カズマ

高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。彼を救うべく懸命に彼を探す捜索隊、否応なしに巻き込まれる者、別の思惑を抱くもの、そして殺人鬼まで……!? 15人24時間の大晦日の長編群像サスペンス、こっからが本番です! 読み...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません