パート5. 大人はわかっちゃくれない 三橋翔太[15:01−]徳永準[15:05−]

おまえさんはどうやら死にそうなほうらしいがなあ。そいでも時たま、ほんとは生きたいほうでした、なんてこともあるんじゃよな。はてさて。どっちなんじゃ、おまえさん?――高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。頭脳派、お人好し、リーダー気取り、犯罪者まで入り乱れて彼と彼を導く殺人鬼(?)〈17〉に迫ります! 15人24時間の大晦日から始まる群像サスペンス長編! 読みはじめたら止まれない、ライトノベル史上〈もっとも長い一日〉をご堪能ください。(イラスト:箸井地図)

三橋翔太[15:01−15:04]

 トウコがぶじ逃げた、だからおれわりと安心した、はじめはトウコ追いかけよおかと思ったけど、でもやめた。
 こいつ、でっけいナイフもってるやつ、この「いんじゃんじょお」を先になんとかしねいと。
 トウコを完全にぶじにするには、こいつここで叩きのめしとかねいと。
 それにおれ、いろいろかんがえなきゃいけねいことがある、ありすぎだ、まずあのピンクの背広のやくざだ。
 あいつ死んでなかった、おれ殺してなかった。
 よかった。
 まじよかった。
 おれまだプラスかもしんねい。
 でもそれとはべつにトウコまもって、それとトクナガつかまえて心を折る、その二つのことはやる、ぜっていやる。だっていっぺん決めたことだかんな、てめいで決めたこと後から変えんのはそりゃずるだ、後だしじゃんけんだ、だからそおゆうことはしねい。
 それとあのケータイのことだ、それも考えねいとだめだ、でもおれピンクのやくざのケータイなんか見てねい、てゆうかそんなのさっきまでぜんぜん知らねかったし。
 「ふぁぶり」のやろ、なんかすげえかんちがいしてやがる、くそ、大人なんて頭わりいのばっかだ。
 「いんじゃんじょお」が「ふぁぶり」を後ろにかばって構える。おれも、テーブルのあいだのいちばん広いとこで構える。
 「ふぁぶり」がちょっとずつ這ったまんま右の奥へ行こうとしてる、どうする、いや集中すんのは今は「じょお」だ、「ふぁぶり」は忘れろ。
 そしたらなんかいい匂いした、「ふぁぶり」はもう見当たらねい、なんだこれ、食べのこしのステーキか。客ほとんどいなくなって、食いもんだけのこってら。なんかおもしれえな。とおめい人げんの服だけのこってるみていだ。
 いて、まじで足のうら、いてえぞ。
 だれだこんなとこにガラスまいたの。さっきのウェイトレスか、コップ落としやがった、ちくしょお。
 やばい。「じょお」が接近する。じわじわ間合いつめる。でっけい登山ナイフだ。こっちは「ふぁぶり」の細っちいナイフだけだし、なんてんだこれバタフライナイフってのか、まあ一発で折れるなこりゃ。
 くつはどこだ、あのカバンの中だ、まだ「がすぱある」が持ったまんまだ、出口の手前で鼻おさえてうずくまってやがる。
 おれは下がる、間合いをとる。すると「じょお」が詰める。おれとカバンのあいだに「じょお」がいる。これじゃ外にも出れねえ。

 にしても、どこのバカやろが、ピンクの背広のケータイもってっちまったんだろ?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
15×24(イチゴーニイヨン)link two 大人はわかっちゃくれない

新城カズマ

高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。彼を救うべく懸命に彼を探す捜索隊、否応なしに巻き込まれる者、別の思惑を抱くもの、そして殺人鬼まで……!? 15人24時間の大晦日の長編群像サスペンス、こっからが本番です! 読み...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません