パート5. 大人はわかっちゃくれない 渡部亜希穂[14:21−]

あああ、ついさっきまであたし、すてきな魔法使いさんと二人っきりで、もうちょっとで恋がジョージュするところだったのにい! こんな不幸な女の子なんてこの世にいないわよ!――高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。頭脳派、お人好し、リーダー気取り、犯罪者まで入り乱れて彼と彼を導く殺人鬼(?)〈17〉に迫ります! 15人24時間の大晦日から始まる群像サスペンス長編、link oneに引き続きこっからが本番! 読みはじめたら止まれない、ライトノベル史上〈もっとも長い一日〉をご堪能ください。(イラスト:箸井地図)

渡部亜希穂[14:21−14:47]

 あたし、もしかして世界一不幸な女の子かも。
 だって先輩との大事な約束、行ってみたらソーゾーしてたのとぜんぜん違ってた。あたし、てっきり今夜の年越しパーティーの打ち合わせだと思ってたのに。
 待ち合わせ場所は、なぜかいつもの夢庵ゆめあんじゃなくって、三鷹の駅からちょっと行ったとこにあるファミレス。ロウマンテイとかいう変なとこだ。文字がぜんぶ反対向きに書いてあって、はじめは何のことだかぜんぜんわかんなかった。
 奥の席に座らされて、目の前に先輩と、あともうひとり知らない男の人がいて、モダーンなんとかドリンクバーがあたしのぶんも注文されて。
「さっそくだけどアキホ、こちらツワブキさん。うちらのグループの支部長」
「グループ?」
 でもあたしらのグループは女の子オンリーのはず。あたし、目をキョロキョロさせる。
「ツワブキさんね、そこの大学のOBなの。なんでしたっけ、つくったサークル」
「CG研究会。今日は夜中に大学の構内で隠れイベントやるんで、ひさしぶりにまたこっちへね」
 ツワブキって人、にやりと笑って、ホータイまいた右手で前髪をいじる。なんかちょっとキザ。まあ、こないだの慶大生よりはマシかもしんないけど。
「そうそうCGよCG。ま、今はお忙しい人なんだけど、だったらってんで、近場の店で話しましょってことになったわけ」先輩がセツメイをつづける。「これ、ぜったいもうかる話なの。あんたをシンライしてるから、グループに入れてやろうって。森っちとか亜弥とかにはナイショだよ。あんたにだけ言うんだからね」
「え?」
「だからとにかく、他の二年たちにはヒミツ。わかった?」
「は、はい」
 そしたら先輩のセツメイが始まった。
 でも、あたしほとんど聞いてなかった。
「──だからね、ガンバればガンバっただけ、下の会員からマージン入ってくるわけよ。このカタログの商品を知り合いに売って、いちばん下のノービス会員として登録するだけ。もちろん、じぶんで買って使ってもいいわけだし。ね、計算してみな。毎週ひとり、知り合いに声をかけるだけでさ。それでこの金額。ね? もしイヤんなったらやめられるし。入会して半年たったらだけど」
 てゆーか初めのとこだけ聞いて、あとはもう聞かないでもわかった。
 あたし、これ知ってる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
15×24(イチゴーニイヨン)link two 大人はわかっちゃくれない

新城カズマ

高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。彼を救うべく懸命に彼を探す捜索隊、否応なしに巻き込まれる者、別の思惑を抱くもの、そして殺人鬼まで……!? 15人24時間の大晦日の長編群像サスペンス、こっからが本番です! 読み...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません