パート5. 大人はわかっちゃくれない 三橋翔太[14:04−]私市陶子[14:41−]

命よりも大切なものは? ないなら右へ、あるなら左へ進め。さて、どっちに進む?――高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。頭脳派、お人好し、リーダー気取り、犯罪者まで入り乱れて彼と彼を導く殺人鬼(?)〈17〉に迫ります! 15人24時間の大晦日から始まる群像サスペンス長編、link oneに引き続きこっからが本番! 読みはじめたら止まれない、ライトノベル史上〈もっとも長い一日〉をご堪能ください。(イラスト:箸井地図)

三橋翔太[14:04−14:41]

 このやろ、「ふぁぶり」とかいうやつ、ちくしょお。
 おれ、どうにもならねい。
 さっきから刃物でぴったり、トウコがずっと狙われてる、近すぎる、おれが本気でつっかかってもおれがやられるだけなら何とかなるけど、でもそうじゃねい。
 このやろ、ぜっていトウコを襲う。
 おれなんか目もくれねいで、あのナイフでトウコを襲う。
 こいつ、まじで本気だ、おれにはすげえわかる。
 だめだ
 はじめはナイフじゃなくて拳銃だった、トカレフだ、わりとやばい、だからおれ車に乗った、ジャガーXJSだ、それでどっかのファミレスに行った、トウコなんとかしなくちゃって思って。
 でもだめだった、クツぬげっていわれてしょうがねいからぬいだ。
 このやろ、おれの心わかってる。
 おれがトウコが人質だから、ぜっていあぶねい目にあわせねいって決めてて、だからぜってい動けねいって、完全に読み切ってやがる。
 目の動きで読まれちまってる。
 ちくしょお。
 そしたらゲームやろおぜとか言い出した、どうせインチキすんだろ、そしたら「ふぁぶり」のやつ、インチキはぜっていしねいとかゆった。
「安心してくれ。このゲームでおじさんはズルなんかしないよ」ってゆった。
 本気だ。こいつ嘘ついてねい。
 だからおれ、目つぶった。

三橋翔太[15:00]へ進む


私市陶子[14:41−14:46]

「想像してみよう……君たち二人は今、暗くて狭い一本道の洞窟の中にいる。空気は冷たく湿っていて、なにひとつ物音はしない。灯りは、手にかかげた古いランプだけ。しばらく進むと洞窟は二股に分かれていて、分岐点にはこんな立て札が立っている。
 ──〈いつの世にも絶対に正しい真理は、三つだけ存在する。 
    第一、命よりも大切なものは……ないなら右へ、あるなら左へ進め〉
 さて 、どっちに進む?」
「みっ……右へ」
 私は答えました。ミツハシさんの声は聞こえません。
「返事がないってことは、彼女に賛成でいいのかな?」
「ああ」
「よろしい。正解だ」
 冷たい風が私の肌にあわをたてます。ああ、ほんとうに洞窟の中にいるようです。
「しばらく進むと、また二股がある。第二の分岐点だ。こんな立て札が立っている。
 ──〈絶対に正しい真理、第二。
    命を守るためなら、どんなことをしても……いいなら右へ、よくないなら左へ〉
 どっちに進む?」
「…………」
 私たちは、二人とも答えません。
「なんなら相談してもいいよ。その間は作戦タイムってことで、お互いに質問してもOKとしようか」
「──ミツハシさん?」
 私の震える言葉に、小さな唸り声が木霊のようにかえってきます。
「わ、私は、み、右だと……思うのですけど……」
「じゃあ右だ」
 ミツハシさんの即答が、私の暗黒の視界にきらめきます。
 先生。私、答えに自信がありません。問題が、あまりにも漠然としすぎています。でも、質問をしたら私たちの負けなのです。
「うん。正解だ」
 ファブリさんの声は、ひどく遠いようでもあり、また耳元でささやくようでもありました。
「では最後の分岐点。看板の文字は、こうだ。
 ──〈絶対に正しい真理、第三。
    一たす一の答えは……二なら右、三なら左〉
 さあ、どっち?」

「右だ!」
 ミツハシさんでした。
 駄目です、駄目です! 私は警告しようとしました。けれど私の口は恐怖に凍りつき、それよりも先にファブリさんが宣告しました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
15×24(イチゴーニイヨン)link two 大人はわかっちゃくれない

新城カズマ

高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。彼を救うべく懸命に彼を探す捜索隊、否応なしに巻き込まれる者、別の思惑を抱くもの、そして殺人鬼まで……!? 15人24時間の大晦日の長編群像サスペンス、こっからが本番です! 読み...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません