パート5. 大人はわかっちゃくれない 笹浦耕[14:00]西満里衣[13:41−]

自殺したがってる香具師がいるブログはここですか?――高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。頭脳派、お人好し、リーダー気取り、犯罪者まで入り乱れて彼と彼を導く殺人鬼(?)〈17〉に迫ります! 15人24時間の大晦日から始まる群像サスペンス長編、link oneに引き続きこっからが本番! 読みはじめたら止まれない、ライトノベル史上〈もっとも長い一日〉をご堪能ください。(イラスト:箸井地図)

笹浦耕[14:00]

 あ、オレね。
 ちなみに折口は、そんな変人てわけじゃないよ。念のため。どっちかっつーと、西のほうがブッとんでる性格だ。って、あくまでもこれはオレの個人的な見解ですが。

笹浦耕[14:46−]へ進む


西満里衣[13:41−14:00]

 ホノカ到着の前後には、いくつか進展があった。
 一つ目は、あいつからの電話連絡。

「もしもし! 西……ええとつまり、満里衣です」
『あどーも。ササウラっす』
 バトンタッチされたノブの携帯。低く澄んだ声、でもずいぶんと軽薄な口調。
「それで、警察のほうは動いてくれたんですか?」
『動いたは動いたけど。あんまし効果は期待できなさそうっすね』
 トオルさんからの報告、ササウラ経由。藤堂という人物、警察に「頼りになる知り合い」がいて捜索協力をお願いしたらしい。
 返答──「できるかぎりのことはするけれど、期待はしないでくれ」。
 しかたがない。なにしろ今日は大晦日。警察にとって、もっとも多忙な二十四時間。対して徳永の現在位置は不明、心中相手も不詳。大捜査網を敷いたとしても楽なタスクじゃない。そもそもマーチの推理によれば、あの地図の六か所は徳永の推測。ほんとうの自殺予定地じゃない。
 それに学校や親にも連絡しにくい。これは、わたしたちの現時点での方針。できるだけ穏便に事を済ませる。徳永が帰ってきやすいように。マーチとトオルさん、それからホノカもこの方針に強く賛成だ。
 たしかに一理ある。大騒ぎにして、年明けに学校で話題になって、即日校舎から飛び下りられたら元も子もない。
 でもそのおかげで、警察の「知り合い」氏には、できることはほとんどない。せいぜい、仲の良い同僚刑事や後輩の警官に、
 ──何か情報があったら、知らせてくれ。
 ──巡回の際に、気をつけていてくれ。
 と頼むくらい。警察といっても、要はやる気と人間関係。巡回の手を抜くこともあれば、勤務の合間に融通を利かせる人もいる。そんな当たり前の世の中の仕組みを、わたしはあらためて学ばされる。
「まあ、人手が増えたのはいいことでしょうけど」
『あ、でもカラノは風邪ひいてダウンしたらしいすよ。それからアキホさんも、ちょっと外れるそうです。なんか用事思い出したからって』
「ええっ? だってそんな……それじゃけっきょく人数マイナスじゃない!!」
『ってオレに文句言われても』
「他の誰に言えっていうのよ!」わたしの口調、ついついきつくなる。「とにかく、何かしなくちゃ……そうだ、そっち渋谷に近いんでしょ。だったら地下鉄を探しに行くとか」
『あのね、東京は広いんだっつーの。あんた、地元どこ?』
「茨城」
『あー』
「なにが『あー』よ、ちょっと! 茨城バカにすんでないよ!」
 目の前に火花。わたしの母さんが、どれだけ苦労してあの町でがんばってると思ってるの?町のみんなが、どれだけわたしたちを助けてくれてると思ってるの?
 ササウラ、なんてむかつくやつ!
 気がつくと、みんなおろおろしてる。ノブは手を半分さしのべたまま、電話を替わろうかどうしようかで一時停止モード。やばい。わたし、またやっちゃった?
「……えーもしもし」
 気を取り直して会話再開。ササウラからの報告続き。徳永の財布が回収された。幸運にもアキホが拾っていたらしい。ただし、特に新しい発見は無し。
「分かりました、じゃそういうことで。また新情報あったら連絡ください」
 むかつくササウラとの電話、おしまい。

 二つ目。徳永のやつのブログについて。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
15×24(イチゴーニイヨン)link two 大人はわかっちゃくれない

新城カズマ

高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。彼を救うべく懸命に彼を探す捜索隊、否応なしに巻き込まれる者、別の思惑を抱くもの、そして殺人鬼まで……!? 15人24時間の大晦日の長編群像サスペンス、こっからが本番です! 読み...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません