バーの魔法

今年最初のワインバーbar bossaの店主・林伸次さんによるコラムです。今回はデートに使えるバーのお話。行き慣れていないと、バーってちょっとハードルが高いな、なんて思うかもしれません。そんな方のために、バーは女性に魔法をかけられる異空間だと語る林さんが、身の丈に合ったバーの選び方や立ち振る舞いを教えてくれます。バーで彼女との距離をぐっと縮めてみませんか?
下北沢の書店B&Bで、1/12(日)に林伸次さんがcakes主宰・加藤貞顕とトークイベントを開催します!
DU BOOKS presents 林伸次(bar bossa店主)×加藤貞顕(cakes主宰)「就職しないで生きるには?」
ぜひ生の林さんのお話に酔いしれてください。

デートをするならバーに行こう

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

あなたに気になる女性はいますか?

もしいるのでしたら、まず食事に誘いましょう。私のまわりのほとんどの女性は「よほど嫌いなタイプじゃない限り食事くらいなら行っても良い」と言います。さあ、食事に誘いましょう。

さて、食事が終わってふたりで店の外に出たら夜の9時です。どうしますか? 彼女を駅まで送りますか? それとも公園を散歩しますか?

ここでみなさんにぜひ利用していただきたいのがバーです。

でもバーって難しそうですよね。お酒なんて普段は居酒屋でビールか焼酎くらいしか飲まないし、好きな彼女の前で恥はかきたくないし、だいたい料金が不明瞭でいくらくらいになるのかもわからないし。

わかります。でも、世の中の悪い男性たちはバーを使って、あなたにとって憧れのあの子やあの子をモノにしています。はい。バーはやっぱり女の子に魔法がかかる異空間です。そしてそのバーの使い方を把握したら、あなたは彼女に恋の魔法をかけられます。本当です。

バーでまず気になるのは「不明瞭な金額」ですよね。まずチャージというものがバーにはあります。東京の感覚で説明しますと基本は500円です。バーの席に座ったら、おしぼりとナッツなんかのお通しが出てきますよね。あれに500円がかかっているというわけです。

そしてバーの格が上がっていくと、チャージも上がっていきます。例えば青山や麻布なら800円から1000円くらいになりますし、銀座に行けば2000円くらいのお店もあります。

「バーはチャージがいやだ。どうして何も頼んでいないのに、乾きものが出てくるだけでお金を払わなきゃいけないんだ」と考える方、いらっしゃると思います。あるいは「チャージも500円くらいまでなら気にならないけど、1000円を越えると1杯飲んだだけで2000円くらいになるのがどうも……」なんて感じている方もいらっしゃると思います。

実はそのチャージの設定でお店はお客様を選別しているんです。「2000円のチャージが気にならない」というお客様だけが銀座の老舗のバーには通うので、お客様の雰囲気がとても落ち着いているんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tokyosisters69 『大丈夫です。バーテンダーはあなたの味方です。色んな「おいしい飲み物」を提案してくれます。』 3年弱前 replyretweetfavorite

tokyosisters69 これ、すごくよい指南ー 3年弱前 replyretweetfavorite

aoyaman1 この文章でバーに「じゃあ行ってみよう」と思う人はとっくの昔に行っているような気がする。 4年以上前 replyretweetfavorite