吉祥寺「おでん太郎」【飲み食い編】—魅惑のおでんと大鉢惣菜にはあはあ!

ツレヅレハナコが偏愛する名店をご案内する「寝ても覚めても好きな店」。三軒目は、ステキなご夫婦がつくる癒しのうまいもん空間「おでん太郎」です! ハナコが「世界一好きな店」と断言する、唯一無二な魅力をお届けしまーす。



「ハナコさんが、一番好きなお店ってどこですか?」。
そんな質問をされることがありますが、なかなか普通は答えづらいもんですよね。
でも、私は即答できちゃいます。

これまで私が行ったすべての店の中で一番好きなお店は、
吉祥寺の居酒屋「おでん太郎」。
料理、お酒、人、空間、コストパフォーマンス……、
すべてが完璧といっても過言ではないと思う。

初めて訪れたのは、今から7年ほど前のこと。
当時、吉祥寺に住んでいた私は、お店の前を毎日のように通っておりました。

店頭には、「おでん」「米沢の酒」などと書かれたシブい看板……。
うーん、うーん。
気にはなるものの、どーにもこーにも入りづらい。

だって、入り口にはガチな縄のれん!
あまりにも暗すぎる怪しい階段を下りた地下にあるのです。
こ……こわいっつーの!

でもある日、おそるおそる一人で階段を降りてみた。
すると……、そこには明るく清潔で温かく、超ピースフルな空間が!
なーに、なーに!? ココなに!?

よく使いこまれた木のカウンターと、テーブル席がふたつ。
カウンターの中には、ナイスミドルなご主人・太郎さんと、
やさしい笑顔のおかみさん。
(それと、お手伝いのバイトさんがちらほらと)

目を引くのは、大きな専用鍋でコトコト煮えるおでんに、
あからさまにうまげな大鉢のお惣菜の山!

やや緊張気味の私に、
にこにこ自然に話しかけてくれるおかみさん。
そのゆっくりしたやさしい口調と、上品なたただずまいに、
一気にリラックス。
絶対ココ、大当たりだわー!!!

しみじみマットーに、おいしいおでん。
大鉢惣菜は「たくさんのおいしい家庭料理をつくってきた人」ならではの、
安定感あふれるものばかり。

かつ、その大鉢惣菜レシピには、少しずつひねりが効いている。
なんだろう。家庭料理なのに、どこか品があるのよねー。
聞くと、おかみさんは懐石やフレンチなどを、
一通りきっちり習った方だそう。なるほど……。


当時は仕事帰りにふらりと寄れたので、一人で行き、
おかみさんや太郎さんと話しながらお酒を一杯……ってのがほとんど。
それは、なんとも幸せな時間。
仕事で疲れていたり、彼氏とケンカをしたり、
なんだかうまくいかないことが続いた時も、
ここに来ると元気になってしまうのでした。

吉祥寺から引っ越すとき、真っ先に浮かんだのも「太郎」のこと。
もう来られなくなっちゃうなんて……無理すぎる! 涙
悩んだ結果、「吉祥寺の美容院に通う」ことを思いついて解決。
これなら定期的に吉祥寺に来られるやんけ……私、天才……!(←アホ)

そこまでしても来たい店。
吉祥寺まで足を延ばす価値は大ありですよー!

<某月某日のツレヅレ飲み食い+α>

「太郎」のお惣菜は、旬の食材を使ったものがほとんど。
例えば去年の秋にも食べたオリジナルメニューが登場すると、
「今年も秋が来たなあ」とうれしくなる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
寝ても覚めても好きな店♡

ツレヅレハナコ

ツレヅレハナコが、大好きなお店の大好きな1品を習ってくる連載。もちろん、教えてもらうのは「大好きなお店だからもっと知りたい、家でもつくりたい!」ものだけ! おいしいメニュー満載の「飲み食い編」と秘蔵のレシピがくわしくわかる「レシピ編」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード