パート5. 大人はわかっちゃくれない 徳永準[12:51−]枯野透[12:35−]

くれぐれも〈捜索隊〉の連中に気を許すな。誰が殺人鬼〈17〉なのか、まだわからないんだ――高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。頭脳派、お人好し、リーダー気取り、犯罪者まで入り乱れて彼と彼を導く殺人鬼(?)〈17〉に迫ります! 15人24時間の大晦日から始まる群像サスペンス長編、link oneに引き続きこっからが本番! 読みはじめたら止まれない、ライトノベル史上〈もっとも長い一日〉をご堪能ください。(イラスト:箸井地図)

徳永準[12:51−12:58]

「……なんで?」
 ぼくの間の抜けた質問は、車内アナウンスにかき消されそうになる。
「なんでって、徳永がドアに挟まれそうになってたから。それとも、挟まれたかった?」
「いや──そういうわけじゃ──」
 ぼくはすっかり混乱している。高円寺駅がいつのまにか流れ去る。
「なんだよ、顔色悪いな。死人みたいな顔してる」
「えっ……」
「冗談だよ、冗談」
「あ? ああ、うん」
 心臓が痛い。死人みたいな顔だって? 気にしちゃダメだ。いつもの伊隅の調子だ。以前から、彼はなにかといえば死体とか拷問についての話題をもちだす。本人もまわりも気づいてないみたいだけど。それとも、ぼくのほうが過敏になってるだけなのかもしれない。なにしろ最近のぼくは、死について考えてばかりいたんだから。
 顔色。もしかして、自殺しようって決めた人間には、早めに死相があらわれるんだろうか? 伊隅にもそれが判るくらいに?
「お、降りなきゃ……漫画喫茶へ……」
「へえ?」伊隅の瞳が、レンズの奥で微笑む。「ちょうどいい。じゃあ一緒に行こうか」
「え?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
15×24(イチゴーニイヨン)link two 大人はわかっちゃくれない

新城カズマ

高校2年生、徳永準の自殺予告メールがネットに流出しました。彼を救うべく懸命に彼を探す捜索隊、否応なしに巻き込まれる者、別の思惑を抱くもの、そして殺人鬼まで……!? 15人24時間の大晦日の長編群像サスペンス、こっからが本番です! 読み...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません