第2回】スティーブ、会いたかったな。

スティーブ・ジョブズに会っておけばよかった――刑務所のなかで訃報を聞いた堀江さんはそう思ったそうです。40歳を超え、「やりたかったことができていない」と感じた堀江さんが刑務所で抱いた決意とは。そして、糸井さんもまた40歳くらいのころに同じような考えを持ったそうです。15歳離れた堀江さんの話に、糸井さんはなにを感じるのでしょうか。(構成:古賀史健

40歳で訪れた転機

堀江 今回こういう本を出そうと思った理由のひとつに、刑務所で決意したことがあったんですよ。

糸井 ほう。

堀江 ぼくは40歳という年齢を、刑務所の中で迎えたんですよね。それで、なんていうんですかね。「人生けっこうきちゃったな」と。

糸井 きたな、と(笑)。

堀江 「やばいな。やりたいこといっぱいあるのに、ぜんぜんできてないじゃん」って。それで、なぜやれてないのかというと、せっかく恵まれた立場にいたのに、シャイな性格で逃してきたチャンスもいっぱいあったんですよ。ぼく、基本的にシャイなので。

糸井 はい、はい。

堀江 自分からアプローチしないんですよね、人に対して。とくにホリエモンとして有名になって、みんなが向こうからアプローチしてくれるようになったとき、その環境に甘えていた気がして。

糸井 ああー。寄ってくる人は増えますからね。

堀江 でも2年間、刑務所の中で人生を過ごすわけだから、あの日々がムダだったとは思わないけど、機会損失は大きいですよね。だから会いたい人、会わなきゃいけない人には、自分からアプローチしようと、いまは思っていますね。

糸井 それね、ぼくもちょうど40歳くらいのころに思いました。

堀江 そうなんですか?

糸井 うん、ぼくが自分はシャイだっていってもみんな信じてくれないんで、いわないことにしますけど(笑)。

一同 (笑)。

糸井 やっぱりシャイですよ、人は。

堀江 ええ。

糸井 みんなさ、我慢してシャイじゃないようにするんですよね。その意味でいうと、受け身でいたほうが、自分が傷つかないんですよ。

堀江 そう、そうなんです!

糸井 だからぼくも、誘いのあったお仕事を「いやだ」とか「いいね」とかいいながらこなしていた時代が長かったんです。それをぼくは「芸者さんの時代」といってるんだけど。

堀江 芸者さんの時代?

糸井 つまり、お座敷がかかったら踊る、という受け身の仕事ばっかりで。でも、たとえ100万個のお座敷がかかっても、踊れないんですよ。だとしたら、けっきょく誰とも会わないのと同じですよね。踊れるところでしか踊らないんだから。

堀江 そうですね。

糸井 だから、頼まれた仕事は「自分から『やらせてください』といえる仕事」に置き換えられるか? と考えることにしたんです。なにかお誘いがあったとき、すぐに返事をしないで1日置く。それで「こういう仕事があるって知ったとき、おれのほうから『やらせてください』と思うかな?」と考える。そして、こっちからお辞儀してでも「お願いします」っていえる仕事だけをやっていく。そうすれば自分がお願いしたのと同じだから、責任感も強くなるしさ。ちょうどいまの堀江さんと同じ時期ですよ。

堀江 なるほど。

糸井 厄年って、ないようであるんですよね。たぶん、からだの変わり目でもあると思うんだけど。自分ではかなり力がついたと思ってるのに、社会はそう見てくれない。力の割に、無力感を感じるんですよ。40歳くらいのとき。

堀江 うーん。

糸井 もっと歳をとればみんなが認めてくれるかというと、それはないんだけど。その無力感で、自分を考えなきゃならないのが厄年くらいのころなんですよね。堀江さんの場合は刑務所が重なってるから、なおさらだよね。「無力そのもの」になるわけだから。

堀江 手足を縛られた感じで。

糸井 無力であることが強調されますよね。

堀江 だから、あの誕生日で決意しました。とにかくこれからは積極的に人と交わっていこうと。もう、後悔できないですから。

糸井 後悔もありましたか?

堀江 ええ。ちょうどそのころ、スティーブ・ジョブズが亡くなったんです。それでほんとに思ったんですよ。「スティーブ、会っとけばよかったな」って。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ひとを幸せにする本気の”おせっかい”—糸井重里×堀江貴文対談

cakes編集部

昨年末インタビューでcakesに登場してくださった糸井重里さんと、『ゼロ』(ダ イヤモンド社)が絶賛発売中の堀江貴文さんの対談が実現しました! 『ゼロ』を読み、今こそ堀江さんに会ってみたいと思ったという糸井さん。「ホリエモ ン」として...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chiichan 「みんなガマンしてシャイじゃないようにする」 約2年前 replyretweetfavorite

etcetra 堀江貴文×糸井重里 3年弱前 replyretweetfavorite

INCIDENTs_sep  今読んだけど、ゼロがなんであんなに読みやすかったか、すごいしっくりきた。この記事読んで、完結したわ。 3年弱前 replyretweetfavorite

akitect 面白いな。因果で繋げたくなるのわかるし繋がらないのも知ってる。 約3年前 replyretweetfavorite