第4回 映像を撮るということは危険なこと

2011年に公開し、ドキュメンタリー映画としては異例の興行収入1億円を突破した『エンディングノート』。砂田麻美さんの初監督作品は数々の映画賞を受賞し、一躍脚光を浴びました。「ガンを患った父親」の次の題材となったのが、あの「スタジオジブリ」です。1年間、ほぼ毎日のように東京・小金井のスタジオジブリに通い、実に350時間もカメラを回したそうです。砂田監督は、膨大な素材からどのように映画『夢と狂気の王国』を煮詰めたのでしょうか、じっくりと伺いました。実は根底にカメラを回すのが嫌だという気持ちがあるという砂田さん。最終回は、その問題意識と、次に見据える未来に迫ります。

人は自分の幸せのために生きているのか?

— 砂田さんが『夢と狂気の王国』の撮影を通して、考えさせられたことやテーマとして与えられたことってありますか?

砂田麻美(以下、砂田) 目の前のことを、一生懸命やりなさいってことですね。宮崎監督っていうのは、天才っていわれることもあって、特別な芸術家であるようにとらえられがちですけど、実際は誰よりも働いているんです。鈴木さんもそうですけど、すさまじい働き方をしている。

— 「力を尽くしなさい」という言葉を語られていますよね。

砂田 はい。何か特別な才能が、ある日突然、宮崎駿をつくったわけではなくて、働き続ける先に宮崎駿が生まれたんだっていうのをすごく感じさせられたんです。自分の個性を出そうとか、何か人と違ったことをしようって頭で考える前に、「まず、働け」っていう。それは、私自身が映画をつくりながらも言い聞かせていました。

— 映画のなかにも、何のために生きるのかっていう話がありましたね。

砂田 宮崎監督が「みんな本当に、自分の幸せのために生きてるの?」って問いかけるんです。「鈴木さんを見ていると、そうじゃないと思うんだけど」って。彼らは、自分の幸せや自己実現のためではなく、ただ、今やるべきことをやってきた人だと思うんですよ。
これは結局使わなかったシーンなんですけど、鈴木さんが、自分はプロデューサーになりたいっていう野心があって始めたわけじゃなくて、やっぱり宮崎さんをひとりにしておけなかったからこの仕事についたんだ。自分が役割としてそこにいるべきだと思ったから、スタジオジブリに来たんだって話されたことがあったんです。

— ああ、でも鈴木さんの仕事ぶりからは、その考え方がにじみ出ているように思います。

砂田 ジブリにいる間にコマーシャルやユーミンのPVを頼まれたりしたんですが、鈴木さんから与えられなかったら「無理です」って言って、やらなかったと思うんです。それをやったことで見えてきたものもあったので、すごくありがたいと思いました。
目の前のものに力を尽くすっていうことが、今の自分たちの世代に一番欠けていることなのかもしれません。私の世代は何か個性を、ほかの人とは違うものを見つけろっていうことばかり言われて育ってきたような気がするんですけど、それは、その先にあるものなんだなって。


カメラを回すのが嫌というのが根底にある

— 砂田さんが宮崎さんや鈴木さんと話をするときは、カメラを回しながら話すんですか?

砂田 私は、なるべくカメラを回さないようにしようって思っているんです。基本的に、カメラを回すのが好きじゃないんですよ。すごく嫌なんです。カメラを回すのが嫌だっていうのが根底にあるんですけど、映画をつくっているので回さないわけにもいかない。

— えっ、カメラを回すのが嫌なんですか? なぜ?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
希望としての狂気の描き方—砂田麻美監督インタビュー

砂田麻美

2011年に公開し、ドキュメンタリー映画としては異例の興行収入1億円を突破した『エンディングノート』。砂田麻美さんの初監督作品は数々の映画賞を受賞し、一躍脚光を浴びました。「ガンを患った父親」の次の題材となったのが、あの「スタジオジブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mizutag “カメラが、というよりは、聞き手を含めた撮影そのものがやはり相手から何かを搾取しているからじゃないですかね。” 4年以上前 replyretweetfavorite

Axel_Nico 砂田麻美監督インタビュー https://t.co/gCWpn1HzQe <彼らは、自分の幸せや自己実現のためではなく、ただ、今やるべきことをやってきた人だと思うんですよ> <目の前のものに力を尽くすっていうことが、今の自分たちの世代に一番欠けていることなのかもしれません> 5年弱前 replyretweetfavorite

Ohhhhh2 CAKES、砂田麻美監督のスタジオジブリ、ドキュメンタリー映画のインタビューすごくよかった。ザ・ストーン・ローゼズを撮った監督と同じことを言っていた。とても信頼できると思った。映画とてもとてもたのしみ。https://t.co/arMYwHACCI 5年弱前 replyretweetfavorite

kiq 他2コメント http://t.co/Yi1qVCbg9D 5年弱前 replyretweetfavorite