フェル先生のさわやか人生相談

第61回】33歳、惨めなわたし

2013年の終わり、除夜の鐘を聞く前に、あなたの煩悩をぬぐいさってくれる「フェル先生のさわやか人生相談」はいかがですか? 今回のトップバッターは、周囲の結婚ラッシュに悩むアラサーOLさん。焦りを通り越して惨めな気持ちを感じるという彼女ですが……。一度フラれた女子に執心中の大学生、話を盛ってしまう自分に自己嫌悪がとまらない女性、娘の進学先で奥さんと対立しているお父さん、などなど、それぞれの子羊にフェル先生が与える処方箋は、あなたの人生にも役立つかもしれませんよ。

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。  お悩みのある方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

33歳、惨めなわたし

Q1.高校時代に仲良くなった友達が次々と出産しています。そのこと自体は喜ばしいことなんですが、彼女達と集まると自然と出産や子どもについての話になりるのがプレッシャーです。さっさと結婚してしまえばいいのですが、私には今彼氏もいません。どうすればこの惨めな気持ちを乗り切れますか……?(33歳・女性・OL)

A1.33歳のOLさん。ご自身が出産することまで併せて考えると、確かにそろそろ結婚を真剣に考えなければいけない年齢ではありますね。もしいますぐ結婚が決まったとしても、親戚縁者に恥ずかしくない式を挙げるとなると、うんと早くて来年の6月以降。そこで一発必中のハネムーンベイビーを仕込んでも、子供が産まれるのは再来年の4月以降。あなたの生まれ月にもよりますが、35歳の年回りで出産することになります。世間では最早”高齢出産”と言われる年齢です。あなたが焦りを感じるのは当然です(昨今は芸能人がバンバン高齢出産していて、そうした流れを賛美する向きもありますが、高齢出産には様々なリスクが伴うことを忘れてはいけません)。

繰り返しますが、年齢的に“焦る”のは当然です。しかし“惨めな気持ちになる”となると話は違います。「焦り」と「惨め」は大違いです。どうして結婚・出産しているお友達を見て「惨めな気持ち」になるのでしょう。まずはその原因を、ご自身でキチンと分析してみる必要があると思います。例えば仕事が最高に楽しくて毎日忙しく充実している女性が、同じようなシチュエーションで惨めな気持ちになったりするでしょうか。決してそうはなりますまい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

女優・橋本マナミさんとのスペシャル対談も収録で、ついに書籍化!

フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ
トランスワールドジャパン
2017-11-27

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gogoferdinand こちらも更新されております! 5年弱前 replyretweetfavorite

konpyu 僕なら高専に入ってほしいと思うけど 5年弱前 replyretweetfavorite