第5回】グローバル競争を駆り立てるものの正体

東大、早稲田、慶應がフィリピンの大学に負ける!? 世界中で学生の獲得競争が起こっている中、期待に答えられていない日本のエリート大学の現状に警鐘を鳴らす、新刊『大学のウソ 偏差値60以上の大学はいらない』。本連載では、新刊の一部を紹介。最終回となる第5回は、日本の教育がどのような局面に立たされているかを山内さんが訴えます。

 2013年5月に渋谷区の恵比寿にある日仏会館で開催された、「企業化する教育とグローバリゼーション」という講演を聴いてきました。

 講師はフランスのパリ西ナンテール大学のクリスチャン・ラヴァル教授(社会学)です。ラヴァル教授いわく、教育はかつて政治(国民国家)に従属していたが、現在は経済に従属していると言います。「良い国民を作る」から「経済的人間を作る」へと、教育の目的が変わって来ているのです。そして、OECD、WTO、IMF、EUなどが推奨する教育政策を各国が推し進めていると言います。

 こういった流れの中で、各国の教育が、世界市場に飲み込まれていきました。学校が経済化すると、教育は商品になっていきますから、モンスターペアレントは消費者として当然の権利を主張するクレーマーになります。
 教育は世界間で競争にさらされ、そのために日本の上位の大学は国に散々あおられて、世界ランキングを上げるために資金が投下されようとしています。ラヴァル教授が特に批判していたのがOECDのPISA(学習到達度調査)です。
 このツールによって、各国の教育成果が比較可能になりました。世界大学ランキングも同様です。こうしたグローバルな評価基準が一種の規範となり、一国の教育の中身を決定してしまう。自国の教育のあり方よりも、世界基準の方が重視されていきます。

 高等教育の世界市場が誕生しつつあるなかでは、米国の有名大学が有利です。エリートのグローバル化が進みます。教育の経済競争がすでに起きているのです。なぜなら、知識の役割が増大しているからです。
 グローバルな競争力はイノベーション勝負になっている。今や競争力があらゆる国家の至上命題です。こうして、教育システムの根本的転換が起きているとラヴァル教授は言います。しかし、これを反グローバリゼーションの立場から批判するだけではなく、 「こうした変化を事実として受け入れるしかない。過去を美化してもしょうがない。教育は歴史によって変化してきたのだから」 と、結構身も蓋もないオチで講演は終わりました。

 私たちが教育改革を論じるとき、常に考えておかないといけないのは、教育に過剰に崇高な理念を持たせるべきではないということです。
 明治以降の日本の教育は国民国家にふさわしい人材育成だったのですから、今に至るまで基本は「富国強兵」です。さすがに戦争はもうしないでしょうが、現代の強兵がグローバル人材であることは明白です。そうした中で、今、経済的に勝ち残れる人間を作るために、世界中の教育が動いています。日本も同じです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
大学のウソ 偏差値60以上の大学はいらない

山内太地

東大、早稲田、慶應がフィリピンの大学に負ける!? 世界中で学生の獲得競争が起こっている中、期待に答えられていない日本のエリート大学の現状に警鐘を鳴らす、新刊『大学のウソ 偏差値60以上の大学はいらない』。本連載ではその本文一部を紹介し...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

keijix55 "教育はかつて政治(国民国家)に従属していたが、現在は経済に従属している" https://t.co/yeZwpBNt4M 4年弱前 replyretweetfavorite

yamauchitaiji 東大、早稲田、慶應がフィリピンの大学に負ける!? 日本のエリート大学の現状に警鐘を鳴らす新書発売!||山内太地 https://t.co/mZMz3mhrSA 4年弱前 replyretweetfavorite

yamauchitaiji 高等教育の世界市場が誕生しつつあるなかでは、米国の有名大学が有利です。エリートのグローバル化が進みます。教育の経済競争がすでに起きているのです。なぜなら、知識の役割が増大しているからです。 https://t.co/mZMz3mhrSA 4年弱前 replyretweetfavorite

yamauchitaiji ラヴァル教授が特に批判していたのがOECDのPISA(学習到達度調査)です。このツールによって、各国の教育成果が比較可能になりました。こうしたグローバルな評価基準が、自国の教育のあり方よりも重視されていきます。 https://t.co/mZMz3mhrSA 4年弱前 replyretweetfavorite