ケイクス通信

ケイクス通信 12/20| 本日の更新記事を一挙紹介!

本日のケイクスオリジナルコンテンツ更新記事をご紹介いたします! 糸井重里さんに「ほぼ日」と組織運営のお話をうかがってきたインタビューはついに最終回。まだまだ会社としてもwebの世界でも新人のcakesに対し、糸井さんから驚きの提案を受けました。これからどんな新しいことがはじまるのでしょうか? ドワンゴ会長・川上量生さんインタビューも後編。インターネット上には、まだまだ「課金」ということに対して抵抗感を持つ人が多いです。それでも、クリエイターが作った作品に対して、ネット上でもきちんと報酬を得られるようにしたいという川上さんのアイデアとは。バダサオリさんのレシピ連載は、2週続けての登場。クリスマスにぴったりのデザートのレシピをご紹介します。ぜひおためしください!

●特別企画

cakes編集部「糸井さん、ぜんぶ聞いてもいいですか?」
【第12回】だからcakes、ありますよ。

糸井重里さんに「ほぼ日」と組織運営のお話をうかがってきたインタビューも、ついに最終回。まだまだこれからやることがいっぱいあるという糸井さん。もちろんwebの世界で新人のcakesも、やらなければいけないことが山積みです。そんなcakesに対し、糸井さんから驚きの提案を受けました。これからどんな新しいことが始まるのか。「ほぼ日」と「cakes」のこれから、目が離せません。

cakes編集部 / 川上量生「ルールを変える思考法、のはじめかた」
【後編】クリエイターが設ける仕組みを創りたい

「ネットの人たちって勝手ですよね」とぼやくのは、ドワンゴ会長の川上量生さん。ゲーマーとしてたいへん優秀だったと豪語する川上さんが綴った『ルールを変える思考法』(角川EPUB選書)刊行記念として、cakes代表の加藤貞顕とのトークセッションが開催されました。後編は、コンテンツマーケティングの重要性に始まり、スタジオジブリに弟子入りした本当の理由まで気になるお話が満載!

●連載

バダサオリ「とりあえずビール!」
クリスマスデザート第2弾! あまーいクリームを使った「フルーツグラタン」

好評を博した前回の「卵タルト」に続き、今回もクリスマスにぴったりのデザートをご紹介します! その「卵タルト」で使ったクリームを応用して、もっと簡単に、全く別のおいしさをもった「フルーツグラタン」ができちゃいます。恋人や友達や家族に、このクリスマスはぜひこの「フルーツグラタン」をごちそうしてあげましょう!

八雲星次「職業治験—治験で1000万円稼いだ男の病的な日常」
アルバイト情報誌には載らない募集【第二章 初めての治験、その前に】

薬を飲むだけの怪しい高額バイト、その名も「治験」。まだ開発段階の「新薬」を飲みまくり、採血の連続。そんな治験歴7年というプロ治験者の日常やいかに? 第4回は、突発的に仕事を辞めて、2カ月間無職になった八雲さんがどのようにして治験を始めたのか。実は地方在住なのが最初の壁になりました。

東田直樹「跳びはねる思考—21歳の自閉症作家が見た世界」
悪い人間

重度の自閉症を抱えながらも、社会を鋭く見つめている作家・東田直樹さんの連載です。今回のテーマは「悪い人間」。人と同じ行動ができないことで、「自分は悪い人間である」という感情と幼い頃から向き合わざるを得なかった東田さん。年齢を重ね、思考を続けた結果、ひとつの結果にたどり着いたようです。冬の夜長に、何度もゆっくり読み返したい今回のエッセイです。

フェルディナント・ヤマグチ「フェル先生のさわやか人生相談」
【第60回】就活生がとるべき態度って?

2013年12月1日、ついに2015年卒の新卒採用活動が解禁されました。説明会にエントリーシートにと大忙しの就活生から舞い込んだのは、社会人との付き合い方についての悩み。就活生でなくともうなずかざるをえない、フェル先生の回答に注目です。そして、先週までお送りしていた【公開相談編】に登場したSさんからもメールが届きました。はたしてSさんの恋は実ったのでしょうか?

青山裕企 / 美少女図鑑「彼女写真 in 山梨」
山梨編【第20回】フリスビー

彼女とフリスビーをすることに。元気が出てきた彼女は「いくよー!」と大きな声でいいます。「オッケー!」と僕も彼女の声に合わせてみたり。僕が投げたフリスビー、ナイスキャッチな時もあれば、落してしまう時も。それでも彼女は楽しそう。紅葉よりも君の笑顔のほうが、とっても綺麗だよ。

林伸次「ワイングラスのむこう側」
素敵な待ち合わせ

街がクリスマスムードに染まるこの時期。幸せそうな顔でデートをする恋人たちであふれかえります。今回の林伸次さんのコラムは、そんなデートの始まり「待ち合わせ」について。バーのカウンターから、待ち合わせしている人たちを眺めるのが好きな林さん。そんな林さん胸を撃ちぬいた、取っておきの待ち合わせのお話です。

黒田勇樹「黒田勇樹動画批評」
【第60回】ビジュアルだけじゃない! 進化する二次元アイドルの「スゴさ」

バーチャルアイドル映像が、最近、ものすごい進化を遂げているってご存知ですか? なめらかな動きや華麗な背景など、CGの世界だからこその技術力はもちろん、なにより着目してほしいのがそのシナリオの発想力。ハイパーメディアフリーターの黒田勇樹さんが「こんなぶっ飛んだ展開アリなのか!」と驚愕し、「これはいつか批評しなければ……」とこの日まで温め続けていたという秘蔵動画を紹介します。

渡邊有紀 / 喜多村みか「TWO SIGHTS PAST」
TWO SIGHTS PAST #71

2000年頃より写真家の喜多村みかさんと渡邊有紀さんが互いを被写体として写真におさめている作品「TWO SIGHTS PAST」。2008年にブタペスト(ハンガリー)にてこの作品の写真展が開催された際に、現地を訪れた2人。前回につづき、その時の写真をお届けします。

結城浩「数学ガールの秘密ノート」
第58回 形を見抜く(後編)

本連載からの書籍第二弾『数学ガールの秘密ノート/整数で遊ぼう』(ソフトバンククリエイティブ)が発売し、ますます絶好調の結城浩さんの「数学ガール」シリーズ連載です。前回に続き「僕」とテトラちゃんは《円の接線》の問題を検討しています。前回学んだ「内積」の考え方を使って、解きかけだった問題に再チャレンジです!

佐藤和歌子「晩酌歳時記」
第四十四回・葱

季節の変わり目に、体調を崩してしまった佐藤和歌子さん。今日のテーマは、そんな風邪っぽいときにお世話になる「ねぎ」について。汁物や鍋物や薬味などなど、毎日のように食べているような気がしていても、ねぎを主役にした料理はなにかと考えるとかんたんには思い浮かびません。風邪をひいてねぎをたくさん食べようと思った佐藤さんは、どんな料理を作ったのでしょうか。

●ショートショートケイクス

こんにちは、インターン金田です。12月も残すところ12日となりましたがみなさま元気にお過ごしでしょうか?免疫力が低下し、風邪をひきがちなのはこの時期ですので、みなさまお体だけは大事になさってくださいね。

かくいう私も、先週胃腸炎を煩い、治ったと思えばたくさんの口内炎に悩まされ、それも治ったかと思えば重度の虫歯に悩まされております。ここにきて今年の不摂生が全部しわ寄せとなっているようです。

これじゃあおいしくラーメンが食べられないじゃないか(ラーメン好き)。

ということで先日歯医者の予約をしようと思い、診察券に書いてある番号に電話をかけたところ院長先生の携帯に直通するらしく、おじいちゃんの声で「はい!石川ですけど!今犬の散歩中だからまたあとでかけてくれっかな!」と言われました。

電話越しにビョオビョオ聞こえる風の音。たぶん土手で散歩中だったのでしょう。

患者より犬か…と思いつつその日の内に予約ができたので、3年ぶりに歯医者へ向かいました。
おじいちゃん先生に一応応急処置をしてもらい、本格的な治療はまた来週になってから始めるとのこと。

は~これでとりあえずは、おいしくラーメンが食べれるなあ~なんてのんきなことを考えつつ、家でカップラーメンを食べていると、稲妻が走るような痛みが左奥歯に!
まさにこんな感じです。



歯がひ、ひどくなってる。

さてさて、cakesでは「もうダマされない! 歯医者の裏側」が連載中です。インプラント治療に関することが主な内容ですが、これを読んでから、あ、たしかにめっちゃ削られた……『とりあえず』親知らず抜いとこうねって言われた……ウワァ……なんて、思いあたることがちらほら。

歯を治療中の皆様は読んでおかれることをぜひオススメします。私もセカンドオピニオンを探します!

これは歯科衛生士の友人が言っていたのですが、定期的に歯医者へ通ってチェックを受けた方が、長い目で見ると経済的だそうです。皆様お体ご自愛のほど、2013年残りのcakesライフをお楽しみくださいませ。

以上、インターン金田でした。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ケイクス通信

cakes編集部

ペットボトル1本分の値段で、1週間コンテンツを楽しめるプラットフォーム・cakes(ケイクス)。購読をしようか迷っている方や、購読を始めたけど何を読んでいいか迷っている方のために、cakesの最新コンテンツをご紹介していく無料連載です...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません