モテる男の4タイプ

今年最後のbar bossa店主・林伸次さんのコラムです。今年を締めくくるのは「モテる男」についてのお話。男はいくつになっても、誰もがモテたいもの。でも現実は、一握りの男性がたくさんの女性と楽しんでいるのだと、林さんはおっしゃいます。では、どのような男性がモテるのでしょうか。林さんが研究してみつけた4つのタイプのモテる男像が明かされます。一握りのモテる男になるために、ぜひ参考にしてください。
下北沢の書店B&Bで、1/12(日)に林伸次さんがcakes主宰・加藤貞顕とトークイベントを開催します!
DU BOOKS presents 林伸次(bar bossa店主)×加藤貞顕(cakes主宰)「就職しないで生きるには?」
ぜひ生の林さんのお話に酔いしれてください。

浮気って男性がするもの?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、『官能教育』(幻冬舎新書)という本を読んでいたら「一回ルール」という女性特有の考え方があることを知りました。

女性って、酔った勢いとか、強引な男に押し流されて、ついついセックスをしてしまうことってありますよね。でも、それが「一回」だけだったら「事故」だったことにして、「なかったこと」にできるそうなんです。

その話を読んで、「そうそう。女性ってちょっとした事故で『一回』だけのセックスをすることってよくあるんだよなあ」と思いました。

というのは、僕が働いているバーという場所は、いわゆるモテる男性という人たちの戦場でありまして、恋人や旦那さんがいる女性が「一回」だけ、ふらふらっと彼らモテる男に吸い寄せられていく瞬間をよく見かけるからです。

不倫とか浮気って「男性がするもの」という認識が世の中にあると思うのですが、僕の観察によると、一部のすごくモテる男性たちだけがたくさんの女性とセックスをしていて、逆に女性の方は、その分たくさんの人たちが軽い浮気をしているように思います。

そうなんです。やっぱりボス猿と同じで、一握りのオスがたくさんのメスとあんなことやこんなことを楽しんでいるわけです。

で、僕はモテる男性はどうしてモテるんだろう、そしてどんなタイプにわけられるんだろう、と僕の職場であるバーで観察しながら研究をしてみました。

さて、その研究の結果、モテる男性というのは、4タイプ存在するということがわかりました。

モテる男の4タイプ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

GeeeeN2525  俺どれにも当てはまってないからモテません 4年弱前 replyretweetfavorite

kayabama 会員しか読めないけど。「 約4年前 replyretweetfavorite

gentoshap 「1回ルール」というのは、「ついセックスをしてしまった1回は、0回と同じでなかったことにする」というもの。  4年以上前 replyretweetfavorite

gentoshap いま気づきましたが、『官能教育』取り上げていただいていました。「女性の『1回ルール』」について。このルール男性には衝撃のようです。 4年以上前 replyretweetfavorite