結局岡田育は幸せになれるのか?【オタクとオナニーと物語とセックス】

「AV女優にするような質問をしてみたい」。そんな思いから始まった、AV監督・二村ヒトシさんと「ハジの多い人生」の岡田育さんの擬似AV対談もついに最後! オナニー、オカズ、セックスなどなど、セクシャルな話で埋め尽くされているこの対談。最後を締めくくるのは、【萌ポイント】の相違を巡る岡田さん夫婦の関係性について。二村さんはこの夫婦をどのようにカウンセリングするのでしょうか。

「人にはそれぞれの時間の使い方がある」と学んだ

岡田 気になっているのは、私が何に対して萌えているか、どういうところにグッとくるのかについて、夫はあまり把握していないということですね。セックスがどうこう以前に、私が物事について興奮して熱中する仕組みというか、そこにどういうリビドーが滾っているのかがわかっていない。私も、彼のそれがよくわからない。たとえば「笑いのツボ」が夫婦で似ているのは日々感じていて、それはすごく嬉しいんですけど、人間、他にもツボはあるわけで。

二村 うーん、彼の【萌えポイントの原点】を知りたいと思うのなら、彼の子どもの頃のオナニーの話を聞くしかないというのが僕の持論なんですが……。

岡田 聞くしかない!? ハードル高いな……。恐れていることは、そうやって性癖のようなものを突き詰めていったときに、彼のポイントと私のポイントが見事に一つも重なるところがなくて、その現実を知って夫婦2人で呆然とする、となったらどうしようかと……。

二村 呆然として、途方に暮れている夫婦の姿というのも美しい気がしますけど……。そこに愛があって、愛のある生活が送れているのなら問題ないんじゃないですか。ちなみにオットー氏は岡田さんほどオタクではないんですよね?

岡田 趣味を持つとディープにハマるみたいですが、オタク気質はないですね。

二村 たとえば岡田さんがBLを読んでいる脇で、昭和のウルトラマンとか仮面ライダーとか観てるとか、そういうことでもないんだよね? 俺、よく家で妻も子どもも聞いてないのに一人で人造人間キカイダーの話とかしてるんだけど。

岡田 そういうことでもないですね。私が課外活動でいそがしくしている間は家で海外ドラマとか観たりしてるんですけど。「どの女優がタイプなの?」「一番良かったエピソードは?」って聞いても、「あんまり憶えてない、よくわかんない」とか言うんですよ。もう、完全にリア充ですよ。

二村 リア充なの、それって(笑)。

岡田 リア充ですよ。カラオケで歌うためにCDを買ってるみたいな感じに限りなく近いんです。つまり、時間をつぶすために海外ドラマを観ている。「この、リア充め! あとはジム行ってカフェ行って犬の散歩でもしてろ! ケッ」って感じですよ。「いや、彼には彼の時間の過ごし方があるから、あまり悪し様に言うのはやめよう」と気をつけてますが(笑)。

二村 本当にそうですね。気をつけてください……(笑)。

ハルキストと付き合うのは難しい?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
キモい男、ウザい女。

二村ヒトシ

アダルトビデオ監督・二村ヒトシさんが、男女の関係性を探り、自分自身を語っていく連載です。現代の日本に生きる私たちほぼ全員が「キモチワルい男」であり「めんどくさい女」であるという、恐ろしすぎる【見立て】からはじまるこのお話。なぜ現代の恋...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kitaguchi 年明け以降、ずっと更新を待ってるんだけどその気配が全然ない…。 5年弱前 replyretweetfavorite

yamada_kazuo こんな迷惑でくだらない記事が一番キモイ。こんな記事を、しかも有料で読んでくれ言うのは人を馬鹿にし過ぎ。明らかに腐乱した商品を売りつけようとしているような物 https://t.co/GBVhJH46HJ 5年弱前 replyretweetfavorite

isao_shionoiri 流石、二村カントクのインタビューは面白いなあ(チョイエロ注意)。男性と女性では萌えをかんじるポイント数が桁違いと聞きますが。。 https://t.co/vuYrBlVEAQ 5年弱前 replyretweetfavorite

nimurahitoshi cakes初の公式イベントが卑猥なイベントでいいのか問題  5年弱前 replyretweetfavorite