第30回】わたしが貴腐人になっても 覚醒編

師も走る12月、年末の祭典「コミックマーケット」を控えて大忙しの“腐女子”たち。男同士の恋愛に萌えるオタク女性の呼称として使われるこの言葉は、いつの間にか世間で定着し、腐女子であることを隠さない女性も増えてきています。だがしかし、そもそも、腐女子はいかにして腐女子となるのでしょうか? 小学生のときに腐女子として目覚めた岡田育さんが、覚醒の瞬間をふりかえります。

 昭和の終わり頃、東京のとある私鉄沿線の駅前に、不思議な佇まいの書店があった。客はまばらで、商品はどれも埃っぽく、やけに明るく照らされた店内はそのぶん奥の棚に深く濃く影が落ちて、新刊書店なのに古書店のような匂いがした。むきだしで陳列された漫画本を最初から最後まで読み、何も買わずに店を出ても、それを週三回ペースで繰り返しても、なぜかまったく怒られなかった。

 大人になった今でもその書店をよく思い出すのは、「私が腐女子になった場所」だからだ。当時この便利な言葉はこの世になかったので、正しくは「私が少年漫画の二次創作パロディと『やおい』に覚醒した場所」、となる。小学生の私は、大好きな漫画『聖闘士星矢』の公式な副読本か何かと勘違いして、この書店で『メイドイン星矢』という同人アンソロジー本を手に取った。

 ここでいうアンソロジーとは、ファンによる二次創作同人誌を再録した商業刊行物のことである。コミックマーケットなどの即売会で個人間の楽しみとして頒布されるやおい本の一部が、内容そのままに編纂され、出版社を経由して一般書店の店頭に並ぶ。当然、著作権的にいろいろグレーな商売であるが、ここではその是非は問わない。  まだ「腐女子」や「ボーイズラブ」という言葉はなく、「やおい」「オリジナルJUNE」という言葉も人口に膾炙していない時代だった。この寂れた書店の主も、おそらくは内容を理解せぬまま、原作コミックスのすぐ横にそれを陳列していた。そうして私のような純真無垢な子供が、うっかり手に取ってしまう。

 原作者の車田正美本人が描いたものではないぞ、ということはすぐに理解した。しかし藤子不二雄本人が描いていない『ドラえもん』の絵本や図鑑などいくらでもあるし、本屋さんに置いてあるのだからオフィシャルな刊行物に違いない、と思った。こうした偶発的な事故で「やおい」を知るという体験は、我々の世代にとってはよくある話だ。セーフサーチをオフにしてググれば何でも出てくる現代と違い、他に玄関口が設けられていなかった時代である。私たちはみんな、こうして狭き門をくぐってきた。

 やおい同人誌、と聞くと、それを実際に手に取ってみたことのない人ほど、男性キャラクター同士のアナルセックスが18禁のエログロ描写で綴られた、ものすごく過激な有害図書を想像するかもしれない。読みもせで。けれど、私が生まれて初めて読んだ『星矢』のやおい漫画は、まったくそんなものではなかった。私はほどなく、この書店で『メイドイン星矢』に限らずさまざまな同人アンソロ本を夢中で読み耽るようになる。エロかったからではない。そこに「平穏な、普通の日常」が描かれていたからだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ハジの多い人生

岡田育

趣味に対する熱量の高いツイートと時事に対する冷静な視点でのツイートを自在に繰り出すWEB系文化系女子okadaicこと岡田育。 普通に生きているつもりなのに「普通じゃない」と言われ、食うに困らず生きているのに「不幸な女(ひと)」と言わ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

lmntm 身に覚えがありすぎることをここまではっきり明文化されるとスカッとするぞwww 4年弱前 replyretweetfavorite

Mint_Comet そうそう、アニパロが面白いと思ったのは毎週生死を賭けたバトルしてる少年漫画キャラののほほんな日常が(勝手に)描かれてるからってのもあったなー。 約4年前 replyretweetfavorite

miyuop108 前にこの記事を読んで自分が2次創作好きな理由がやっとわかった。 4年以上前 replyretweetfavorite

shakocha @okadaic https://t.co/i9w75wJhET 「私の小宇宙は大爆発していた。」「鼻からダイヤモンドダスト噴くほどに大興奮した。」わかる、すげえわかる。私はシュラトだったけど。 4年以上前 replyretweetfavorite