第3回】東大とイェール大の時間割の違い

東大、早稲田、慶應がフィリピンの大学に負ける!? 世界中で学生の獲得競争が起こっている中、期待に答えられていない日本のエリート大学の現状に警鐘を鳴らす、新刊『大学のウソ 偏差値60以上の大学はいらない』。本連載では、新刊の一部を紹介していきます。第3回は東大の教育の甘さについて、山内太地さんが切り込みます。

 日本人は、「東大=ハーバード大」だと思っていますが、教育の中身はまったく違います。東大はこれから教育改革をすると言っていますが、米国トップ大学は、すでに完成されたカリキュラムを持っているのです。これでは勝負になりません。

 東大とイェール大の1年生の時間割の例をそれぞれご紹介します。



 日本のほとんどの大学は、この例の東大と同じような時間割です。 東京大学の時間割は朝9時から1限が始まり、夕方まで90分ずつ授業が続いています。語学の授業が4コマ(英語2コマ、ドイツ語2コマ)あります。週2日×90分、しかも日本人による授業で、語学が身に付くのでしょうか。

 東京大学においては、なぜか1年生のクラスは第2外国語のクラスとなっています。ですから、ドイツ語やスペイン語のクラスが1年生のクラスになります。東京大学では英語の授業を1クラス60人でやっています。
 こういっては何ですが、東京大学の英語の授業が60人で行われているとは、とても世界に誇る英語の授業をやっているとは思えません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
大学のウソ 偏差値60以上の大学はいらない

山内太地

東大、早稲田、慶應がフィリピンの大学に負ける!? 世界中で学生の獲得競争が起こっている中、期待に答えられていない日本のエリート大学の現状に警鐘を鳴らす、新刊『大学のウソ 偏差値60以上の大学はいらない』。本連載ではその本文一部を紹介し...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kamadarai イェール大は語学の授業が週5回。日本はどうしてこれができないのかな。 4年以上前 replyretweetfavorite

anyaranger 読んどかないと! 【】https://t.co/Dk4BpGPXhj” 4年以上前 replyretweetfavorite

taku_j1840 なに言ってるんだこの人。  5年弱前 replyretweetfavorite