3.11の帰宅困難から東京を読む

フォトグラファー、ライターの大山顕さんが、東北地方太平洋沖地震の際の帰宅体験をもとに綴った東京論です。人々の帰宅の記録から浮かび上がってくる首都圏のかたちに目を凝らしてみてください。思わぬ発見と驚きもそこにはあります。

みなさん、実は、ホームレスが帰宅困難時のために、ある種の「ベンチマークテスト」を日々行っているということを知っていましたか?

これはぼくが2011年の3月11日、そう、あの東北地方太平洋沖地震で帰宅困難者になったあと「帰宅ログ」をまとめて気がついたこと。ここではその話をしたい。

あー、でもいわゆる「震災から得られた教訓」みたいな話はしません。正直、もうこの手の話に辟易している人も多いと思う。安心してくれたまえ、ぼくもそのうちの一人だ。そもそもぼくにそういう才能ないしね。

ぼくがここでみなさんに披露したいのは、大地震で浮き彫りになった「東京ってこういう都市だったか!」っていう発見だ。もしかしたらこの発見がそういう「教訓」に繋がることはあるかもしれないけど、そういうのは他の人にお任せしたい。ぼくはただ「東京ってやっぱり奇妙な街だなあ」という感慨を共有したいだけ。

ぼくは『工場萌え』(東京書籍)という写真集を出した人間なんだけど、それ以外にも高速道路のジャンクションや団地なんてものも撮っている。なんでかぼくはそういう都市を支えるインフラ構造物に惹かちゃうのだ。で、そういうことをやっているうちに、当然の成り行きというか、都市そのものに強い興味を持つようになりまして。古地図やら地形図やらを片手に街をうろうろする日々を送っているわけです。

最近は地図に示されるものよりも、いわば「人間が描き出す都市」がおもしろくなってきて、「どこまで東京?」というサイトを作ったりした。これは東京都心から放射状に伸びていく各鉄道路線の、どの駅までを東京だと感じるかをみんなに答えてもらって、それをぼくが集計するというプロジェクトだ。たとえば「三鷹は東京だけど、武蔵境は東京っぽくないよなー」とか。これまで数百人の方々に投稿いただいて、おもしろい傾向が見えてきた。

この試みは、もともとぼくが最近一緒にイベントなどをやっている「GPS地上絵師」の石川初さん(@hajimebs)が知り合いに対してやってみたものだ。その話を聞いた時「なんておもしろいんだろう!」と思ったので、ネットを使って広く世に問うてみたものだ。予想通り、おもしろかった!」

たとえば、集計結果を見る限り東武東上線および西武池袋線におきましては、東京と呼べるのは残念ながら池袋駅までです!板橋区、練馬区の方々には申し訳ない。この「どこまで東京?」についても機会があればご披露したい。

さて、そしてあの地震だ。ぼく自身は、あのとき赤坂にあるオフィスで打ち合わせをしている最中だった。電車が止まって帰れなくなって途方に暮れた。自宅は千葉県船橋市、最寄り駅は西船橋駅。直線距離でも20km以上ある。要するに帰宅難民になった。首都圏で生活している方はいまでもあの夕刻のことを思い出すことがあると思う。

しかし、その日の夜以降、東北がたいへんなことになっていることが徐々に分かってきて、みんな帰宅困難の経験については忘れてしまったようにぼくには見えた。というよりも、あの惨状を前に、首都圏における苦労なんてたいしたことない、と思ったのだろう(浦安という例外はありましたが)。

でもぼくは思った。きっとこの経験は記録しておくべきだ、と。で、立ち上げたのが「20110311東北地方太平洋沖地震・首都圏帰宅ログ」というサイト。首都圏で帰宅困難になった方々から、あの夜の行動や思ったことをメールでいただき、それをぼくがまとめるというものだ。↑ぼくの帰宅ログ。赤い線が徒歩、青が公共交通機関。千葉方面でその日の夜に唯一動いた都営新宿線で本八幡まで行って、そこから歩いた。自宅着は25時20分だった。このような感じで投稿いただいた方々の帰宅のログをまとめている(大きな地図で表示

数百人の方々に投稿いただいて、みなさんの行動をちまちまと地図にプロットし、その夜みんなが考えたこと・感じたことをまとめていくうちに、いくつか発見があった。さらに、また、前述の石川さんにもお見せしたところ、とても興味深い知見がたくさん得られた。あまりに興味深いので、後日一緒にトークイベントや大学の特別講義で発表したりもした。帰宅困難について記録しておこうと思って始めたことだが、結果としては東京という都市の奇妙さが浮き彫りになった。前置きが長くなったが、石川さんとディスカッションして出てきた、その興味深い知見を以下に4つ並べてみよう。

1.ぼくらは東京を「距離」「方角」ではなく「吊革につかまる時間」で把握している
2.実は路上で「ここがどこか」を知るのは困難
3.家康、さすが!
4.ホームレスを排除した結果、路上は居心地の悪い場所になった

そうそう。さっき「発見」って言ったけど、これらの「結論」はあくまでぼくの感想であって、みんなの投稿から統計的に有意に導かれたものではないですので。本稿は論文ではないのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

ケイクスカルチャー

大山顕

関連記事

関連キーワード