天才のつくり方

第32回】いま、新しい文明を生み出す力はどこではたらいているのか

子どものころから、「何が文明を動かしているのか」を意識して進路を決めてきたという茂木健一郎さん。そんな茂木さんはいま、アメリカにおける情報をめぐる最新技術や政治問題に関心を寄せています。それに絡めて海外の大学の良さを説く茂木さんですが、TehuくんのSFC進学への意志は固いようで……。

文明の進歩って、僕に関係ありますか

茂木 日本と世界の比較を続けるけど、例えばPRISMという情報収集プログラムで、NSA(アメリカ国家安全保障局)が数百万人分の通話履歴やインターネット上の個人情報を、極秘に入手していたっていうニュースがあったでしょう。

Tehu はい、見ました。

茂木 元CIAのエドワード・スノーデンがそれを暴露して、さらにロシアのプーチンがその亡命を受け入れる。この感じってもう、日本国内でニュースになっていることと全然スケールが違う。しかもその情報収集にITの最新技術が絡んでいるんだよね。日本からこういう世界的にインパクトのあるニュースが出ることはまずない、とおれは思っちゃう。

Tehu 日本からは無理でしょうね。

茂木 じゃあ、Tehuはそれとは違うところで勝負しようと思っているってこと?

Tehu なんだろう……そもそも、そういうことって僕に関係あるんでしょうか。

茂木 うーん、おれは関係ある気がしてるんだよ。おれね、子どものころからなんとなく、文明の歴史の中で何が本質なのかっていうことを考えてきたんだ。

北川 子どものころからそんなことを(笑)。すごいなあ。

茂木 だから受験のときに、東大理三に進学するっていう選択肢は最初からなかった。メディカルスクールで医師免許をとるっていうのは、文明の歴史から見たら大したことじゃないと思っていたから。いまならiPS細胞とか、メディカルの世界でもおもしろいトピックがあるけどね。で、当時はアインシュタインの伝記を読んで、物理が世界の本質を解明すると思って、物理学を専攻した。そのあと脳科学に出会って、次は意識や心脳、クオリアの問題が文明の本質なんじゃないかって、嗅覚がはたらいたんだよね。

北川 なるほど。

茂木 同じ嗅覚をはたらかせると、いまITの世界ではNSA、ウィキリークスのあたりが、次の文明が生まれる「るつぼ」になってる感じがする。それに比べると、申し訳ないけど、アイドルがどうこうというのは、サイドラインだと思うんだ。文明ってものを前提に動いているコミュニティにいると、感じるものがぜんぜん違うんだよ。

北川 ハーバードにいたときのことを思い出すと、わかるような気がしますね。

茂木 まあそれは、おれの人間としての志向性だから押し付けることでもないんだけどね。でもSFCにはサイドラインで満足、幸せという人が多い気がする。

Tehu それでいいんじゃないですか。僕はそう思います。

茂木 それでいいと思うんだ。そうかあ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
天才のつくり方

茂木健一郎 /北川拓也

日本経済が停滞して久しい。一方で、アメリカではIT産業の新しい成功モデルがどんどん生まれている。この違いはどこにあるのか。 ここで登場するのが2人の天才。高校卒業後、8年間ハーバード大学で活動している理論物理学者・北川拓也。一方、1...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

maticlog 神回だね→ 5年弱前 replyretweetfavorite

midori430 知的な野獣か… 5年弱前 replyretweetfavorite

yaiask 茂木さん@kenichiromogiの進路の考え方が高校の頃から本質的すぎる→ 5年弱前 replyretweetfavorite

gotoichi1003 わからないけど、大切っぽい。→ 5年弱前 replyretweetfavorite