オンライン授業は誰得か? IT時代の教育とは? 【第7回】

現在注目を浴びる、ネットによる授業配信。実際のところはどのようなものなのでしょうか? ペリタスアカデミー代表、坂木俊信氏のお話と私自身の体験を交えつつ、オンライン授業が僕たちをどこにつれていくのか、考察してみました。

 現在、カーン・アカデミーやアメリカの著名な大学がこぞって参加している「MOOC」といった、授業のネット配信がおおきな注目を集めています。生徒はネットで勉強し、教室では分からないところだけをフォローしていくスタイルのいわゆる「反転授業」が、これからの授業の在り方として、アメリカでは実践が進みつつあります。

 実はこういった試み、日本でも始まっています。そしてその最先端を走るのは学校ではなくて予備校です。この辺りの詳しいお話を聞こうと、今年の初夏に帰国した際に、ネット配信事業を手掛けるベリタス・アカデミー代表、坂木俊信氏にお話を伺いしました。

 かつて大手予備校の人気講師として活躍していた坂木氏は、せっかく高いお金を払って予備校に通っている生徒たちがなかなか伸びていかないことに歯がゆい思いを抱いていた、と言います。週1回程度の授業、通学にかかる時間、教室内での貴重な時間を、先生が黒板に字を書くのを待ってノートに書き写すのに時間を費やさざるをえない授業形態。黒板やノート、教室という形態からもっと自由になれないのか……。常々そんなふうに考えていたそうです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith 「オンライン授業でもっとも有用だったのは、掲示板の存在でした。誰かが掲示板で質問すると、すぐさま別の生徒が答えるのです。まるで自習室のような雰囲気でした。ときおり教授がヒントや、更に優れた解決方法や異なったアプローチを書き込んだり」 https://t.co/rI1uqRACuR 4年以上前 replyretweetfavorite

Singulith 「ネットによる学習の高速化、これはもう疑う余地もありません。私自身が体験しましたし、これから更に洗練されていくでしょう。掲示板のような相互援助の仕組みづくりは意外と重要なポイントになっていくように思います。」   https://t.co/rI1uqRACuR 4年以上前 replyretweetfavorite

kawashimakei4 オンライン授業は誰得か? IT時代の教育とは? 第7回 https://t.co/bgo5GrhfJg 5年弱前 replyretweetfavorite

DonYuuta モチベーションという意味では、「体験」が核。 5年弱前 replyretweetfavorite